黒川芽以「今は結婚に向いてないんです…」

黒川芽以

2016.01.15 FRI

今週の彼女

1987年東京都生まれ。93年「手延そうめん 揖保乃糸」のCMでデビュー。女優として多くの作品で活躍。自己中なダメ男の成長をユーモラスたっぷりに描くTBSの水ドラ!!『悪党たちは千里を走る』には三上菜摘子役で出演。1月20日(水)23時53分スタート!
TBSで1月20日にスタートする水ドラ!!『悪党たちは千里を走る』は、主人公が誘拐犯に仕立てられてしまうサスペンスだ。とはいえ主演はムロツヨシさん。ヒロインを演じる黒川芽以さんは謎のアラサー結婚詐欺師。…この配役を見ただけでも、ユーモラスな香りが漂ってくる。

――そんなこんなで、今日のようなケバい衣装なんですね?

「はい(笑)。ムロツヨシさん演じる高杉篤郎と山崎育三郎くん演じる園部優斗と、私が演じる三上菜摘子が、なし崩し的に5億円を要求してしまうスリルあふれる展開です。会話劇なので、前クールのドラマ『おかしの家』にゲスト出演したことがあるんですが、台本の厚さがもうまるで違う!」

――覚えるのが大変ですね。

「1日1話ペースでスタジオ撮影を進めていますからね。アドリブを入れる余地がないくらい台本がギチギチです。そこにムロツヨシさんのエッセンスが加わって、とんでもないおもしろさです。つい笑ってしまわないように気をつけてます」

――おかげで今日のようにスタジオに缶詰で撮影に臨んでいるわけですか。

「でも、仕事をしている時間が人生の中で一番楽しいんですよ。小さいときからやってるし、自分から仕事取ったら何も残らないと思うくらい、生きがいですから」

――出演作、立て続いていますよね。すると楽しくて仕方ないんじゃありませんか?

「おかげさまで映画や舞台、ドラマといろいろお声がけいただいているので、引き続き関わっていけたらと思ってます。昔は有名になりたい気持ちがまったくなくて、もう29歳も迫ってきたので、芸歴でいうと23年になるんですね。そろそろわかりやすい功績を残したいと思ってきました。今年の目標は何か賞をいただけるようにがんばる
ことです」

――一方で、そろそろ結婚を意識したい年ごろなのでは?

「若い子の結婚ラッシュ見ているとすごくうらやましく思うんですけど、私は性格的にしばらくないと思いますね。願望はありますよ? 中学から結婚して子供3人ほしいって言ってきましたし。でもそういうことを言う人に限って遅いじゃないですか。
『今は仕事がんばりたい』とか言いませんよ。そりゃ焦りますし、20代後半って」

――結婚に向いてない性格なんですか?

「実際20代後半になってみると、子供の頃思い描いていた20代後半と違うじゃないですか。だから自分がまだ子供なのに、『子供を育てるなんて』って思う。もっと大人だと思っていたのに。自分自身もそうだし、それに周りの男性にも当てはまったりするから、まだ早いなって。…損な性格ですよね(笑)」

吉州正行=取材・文/林 和也=撮影

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト