孫悟空、ドンキーコング、1位は?

今年の干支、猿のキャラ人気TOP10

2016.01.18 MON


こちら、人気の“猿スポット”として知られる長野県の地獄谷温泉。温泉につかる猿を観るため、わざわざ海外から訪れる外国人もいるのだとか 画像:けんさん/PIXTA
今年の干支、「猿」のイメージといえば、賢い、生意気、すばしこい、活動的、高いところが好き、人間っぽい…といったところでしょうか? 世の中には、そんなイメージから派生した様々な「猿のキャラクター」が存在しています。

では、社会人にはどんな猿キャラが支持されているのでしょうか? 20~30代の社会人男女200人(男女100人ずつ)に「好きな猿のキャラクター」についてアンケート調査を実施してみました。

〈好きな猿キャラTOP10〉
(全13項目から複数選択 協力/アイリサーチ)

【男女総合】
1位 モンチッチ(ぬいぐるみ・アニメ『モンチッチ』)21.0%
2位 孫悟空(小説『西遊記』)18.0%
3位 おさるのもんきち(サンリオ)16.5%
4位 ジョージ(絵本『おさるのジョージ』)16.0%
5位 ドンキーコング(ゲーム『ドンキーコング』など)15.0%
6位 チェブラーシカ(人形アニメ『チェブラーシカ』など)12.5%
7位 アブー(映画『アラジン』)12.0%
8位 バブルス(漫画『ドラゴンボール』)9.0%
9位 アメディオ(アニメ『母をたずねて三千里』)8.0%
10位 パーマン2号・ブービー(漫画『パーマン』)6.5%

番外
11位 キングコング(映画『キングコング』) 6.0%

現在でも様々な派生キャラを生み続けている猿キャラのレジェンド、「孫悟空」を差し置いてなんと「モンチッチ」が1位。また3位にもサンリオキャラの、「おさるのもんきち」がランクインとファンシーな結果に。ではさらに、男女別の結果をみてみましょう。

【男性】
1位 ドンキーコング(ゲーム『ドンキーコング』など) 27.0%
2位 孫悟空(小説『西遊記』)24.0%
3位 バブルス(漫画『ドラゴンボール』)15.0%
4位 アメディオ(アニメ『母をたずねて三千里』)12.0%
4位 おさるのもんきち(サンリオ)12.0%
6位 モンチッチ(ぬいぐるみ・アニメ『モンチッチ』)11.0%
7位 パーマン2号・ブービー(漫画『パーマン』)10.0%
7位 キングコング(映画『キングコング』)10.0%
9位 コーネリアス(映画『猿の惑星』)7.0%
10位 アブー(映画『アラジン』)6.0%
10位 ジョージ(絵本『おさるのジョージ』)6.0%
10位 モンモンモン(漫画『モンモンモン』)6.0%

【女性】
1位 モンチッチ(ぬいぐるみ・アニメ『モンチッチ』)31.0%
2位 ジョージ(絵本『おさるのジョージ』)26.0%
3位 おさるのもんきち(サンリオ)21.0%
3位 チェブラーシカ(人形アニメ『チェブラーシカ』など)21.0%
5位 アブー(映画『アラジン』)18.0%
6位 孫悟空(小説『西遊記』)12.0%
7位 アメディオ(アニメ『母をたずねて三千里』)4.0%
8位 ドンキーコング(ゲーム『ドンキーコング』など)3.0%
8位 パーマン2号・ブービー(漫画『パーマン』)3.0%
8位 バブルス(漫画『ドラゴンボール』)3.0%
11位 キングコング(映画『キングコング』)2.0%

男性のTOP3はやはり「男っぽい」ものが並ぶなど、好みの猿キャラには男女差があることが分かります。ただそれでも、基本的に“女の子向け売り場”に並んでいる「おさるのもんきち」「モンチッチ」が4位と6位に収まっているなど、猿キャラに限定すると男性にはファンシーキャラも人気がある模様。かくいう私も地方観光地のグッズ売り場では、ご当地キティ、ご当地モンチッチのどちらを買うべきか悩むことが多かったりするので、納得せザルを得ない結果だったりします。
(のび@びた)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト