ネット界の“旬”なニュースをお届け!

月9「いつ恋」 ボロ泣きと評判

2016.01.22 FRI

噂のネット事件簿


公式サイトでは、放送後最大7日間は無料配信している ※この画像はサイトのスクリーンショットです
フジテレビの月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』が18日にスタート。初回の平均視聴率は11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、前クールの『5→9~私に恋したお坊さん~』の初回平均視聴率12.6%をやや下回ったが、見た人からは「ハマる」という声も少なくなかった。

同ドラマの脚本は、1991年の大ヒットドラマ『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)を書いた坂元裕二氏(48歳)が手がけ、主役を有村架純(22歳)と高良健吾(28歳)が務めることで注目されている。物語は、北海道のクリーニング店に勤める杉原 音(おと/有村)が東京の運送会社に勤める曽田 練(れん/高良)と出会い、東京で懸命に生きる姿を描く青春群像ドラマだ。

第1話は、2009年の秋からスタート。練は、友人の中條晴太(坂口健太郎)が北海道旅行中に「拾った」という鞄の中から、クリーニング店のカードと、「音へ」と書かれた手紙を見つける。何やら大事そうな手紙であることを感じ取った練は、持ち主に返すべく、勝手に会社のトラックを運転し、北海道へ。そこで望まない結婚を強いられて家を飛び出した音と運命的に出会い、音は練とともに上京する…という内容だった。

Twitterには、

「いつ恋、1話目から泣けたんだけど。。」
「いつ恋むり1話からもう涙止まらないよ!!!」
「やばし ど泣ける ど泣いた」
「新しい月9のいつ恋???くっそ泣ける」
「いつ恋泣けるボロ泣き」
「いつ恋泣ける 有村かわいいし 高良くんかっこいいし さいこうかよ」
「めっちゃ泣けるのねいつ恋1話から号泣です( ; ; )そして有村架純かわいすぎてやばいです、、」

など、初回から「めっちゃ泣ける」「ボロ泣き」という声が続出。また、俳優陣についても高評価を集めている。

ただ、初回放送時は、SMAPメンバーが生謝罪した『SMAP×SMAP』がすぐ後の放送だったことから、高視聴率も予想されていた。11.6%という結果を低いとみるか、高いとみるかは微妙なところ。勝負は2話以降になりそうだ。
(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト