ネット界の“旬”なニュースをお届け!

清原逮捕で仕事に影響が出た人たち

2016.02.11 THU

噂のネット事件簿


リトル清原のFacebookには、応援の声が寄せられている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
千葉県議でものまねタレントのプリティ長嶋(61歳)が自身のブログで、元プロ野球選手の清原和博容疑者逮捕により、同じくものまねタレントのリトル清原(44歳)の仕事に悪影響が出ていると訴え、話題となった。

そもそも2月2日、清原容疑者が逮捕された直後から、Twitterには、

「清原逮捕で一番大変なのはリトル清原じゃなかろうか」
「おま、清原逮捕されたらリトル清原も路頭に迷うだろ…」
「清原逮捕って、これからリトル清原はどうやって仕事していくんだ」
「清原逮捕されたらリトル清原どうなるの」
「清原逮捕により、ものまね芸人のリトル清原氏も仕事がなくなって、清原氏は監獄だが、リトル氏は地獄になるのではないかと思うので、みんなリトル清原氏を慰めた方がいい」

など、リトル清原を心配する声があがっていた。そして5日になり、プリティ長嶋は「清原和博逮捕でリトルが大変」というタイトルを付け、

「リトルは何も悪さはしていないのに五月予定の営業先から
『ご相談させてください』と悪影響が出ている。
本家清原とリトルは別物です。
仕事は今以上に遣るでしょうからキャンセルはしないでくださいね!!!」

と、ブログ記事を更新。同じ野球選手のものまねをする芸人として、リトル清原を心配し、関係各所に呼びかけていた。しかし、当のリトル清原はFacebookで、

「今回の件でたびたびお仕事のキャンセル連絡はありますし、依頼主様の事情もよく理解できますので、現在キャンセル検討中の方も僕に気にせずキャンセルしてください。
そしてまた、頼んでいただいたお仕事はしっかりやっていきます」

と投稿しており、仕事のキャンセルは仕方ないというスタンスのようだ。そして、これに続けて、

「元々何も無い、一清原ファンの自分が清原さんのおかげで全国の皆さんと交流することができたわけで、清原さんには到底返しきれない恩があります」

とコメント。また、今回の騒動を残念に思いつつも、今後清原容疑者が立ち直る助力がしたい、と心境を吐露している。

このほか、清原容疑者逮捕の余波は漫画雑誌にまで及ぶ。9日には漫画誌『コロコロアニキ』(小学館)に連載されていた清原和博容疑者がモデルの野球漫画『かっとばせ!キヨハラくん』(作:河合じゅんじ)の休載が決まっている。そのため、Twitterには、

「何が切ないって清原逮捕のとばっちりでかっとばせ!キヨハラくんの連載休止とリトル清原の営業キャンセルが続くことよ」
「今回の清原逮捕でリトル清原とかかっとばせ!キヨハラ君みたいな関係あるけど関係ない人たちまで被害があるの悲しいなぁ……」
「清原逮捕でリトル清原と河合じゅんじ先生が二次被害食らってるのが可哀想」

など、仕事に直接的な影響が及んでいる人たちを同情する声も。仕方ないこととはいえ、不憫に思う人は少なくないようだ。
(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト