ネット界の“旬”なニュースをお届け!

映画『何者』のエキストラ応募殺到

2016.03.14 MON

噂のネット事件簿


菅田自身もTwitterで「前代未聞の豪華キャスト」と表現するほどの出演陣。主役級の俳優が揃っている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
小説家・朝井リョウの第148回直木賞受賞作を原作として、製作が進行している映画『何者』(三浦大輔監督)。佐藤健や有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之などの出演陣が発表され、その豪華なキャストがネット上で話題になっている。

同作品は、就職活動を行う大学生5人(佐藤健、菅田将暉、有村架純、二階堂ふみ、岡田将生)の感情のひだをとらえた作品。海外ボランティアの経験やSNS、業界の人脈など、様々なものを武器にして就職戦線に立ち向かうなか、それぞれが発するSNSでの発言に本音や自意識が見え隠れするようになり、人間関係に変化が生じていく。大学生たちは、そういった経験を通して自分が「何者」なのかを見つめ直す。

同作は以前よりエキストラを募集しており、人集めに四苦八苦していた模様。同作の公式Twitterアカウントは必死の訴えをするほか、朝井も自らラジオで呼びかけるなどしていた。ただ、キャストが発表されるやいなや、Twitterでは、

「何者!!!!激烈に豪華!!!!!!!!!
エキストラ募集、、エキストラ募集って!!!!!」
「エキストラ募集の応募フォーム見て三秒で応募したよね」
「何者のエキストラいきたひ」
「とりあえず何者のエキストラに行きたい、それだけなんです」

などとエキストラ募集の存在を知って興奮する声や、すでに応募した、という声が続出している。

公式Twitterアカウントでは、多数の応募が寄せられ、登録完了メールに対する問い合わせの対応に追われていることを報告している。なお募集対象は18歳~50代男女、登録終了期間は3月下旬予定で、撮影予定地は東京都内・神奈川県内だという。
(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト