ネット界の“旬”なニュースをお届け!

小籔の「ネット悪口」論が波紋呼ぶ

2016.03.16 WED

噂のネット事件簿


ネット上の悪口に対する意見を発信した小籔千豊 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
お笑い芸人・小籔千豊の“ネットでの悪口”に関する意見が波紋を呼んでいる。

その意見が掲載されたのは、国際情報誌『SAPIO』で連載中のコラム「イキる力」。3月4日に発売された4月号でネットでの“炎上”を取り上げ、

「ネットに悪口を書き、炎上してるところにさらに火を放ちに行くなんて、自分から不幸になりに行ってるようなものですよ。あまりに生産性がなさすぎる。それを考えると可哀想やなと思えてくるんです」

と、炎上に加担する一部のネットユーザーを「可哀想」と表現したのだ。

この記事が3月12日にニュースサイト「NEWS ポストセブン」で配信されると一気に拡散。ツイッターでは、

「ぐう正論」
「あんまり小藪さんは好きではないがこの発言にはほぼ同意。間違いないよ」(原文ママ)
「悪口自体は構わないと思うけど匿名による一方的な悪口はみっともない陰口でしかない。俺は相手に反論の機会がない状況では絶対批判しないようにしてる」
「まあネットの書き込みなんて、無責任な立場からのストレス発散にすぎないからな。問題は生産性が無いことじゃなく、他人を精神的に傷つけることかと思うが」

など、小籔の意見に賛同するネットユーザーもあるが、

「小藪氏の言うことはもっともだ。ただ、正しいことを正しいと言えない世の中だから、匿名掲示板が流行る側面もある。小藪氏も吉本興業批判なぞできぬだろう?」(原文ママ)

と、理解を示しつつ、悪口を書く人々にも、それぞれの事情があるとの指摘も。このほか、

「他人の幸不幸なんて勝手に決められるもんじゃないとかそういう以前にネットの雑談に生産性なんて求めてないから」
「人の考え方や感じ方はそれぞれだし、これが幸せと思う人もいるでしょ」
「言いたいこと言いっ放しで世間の言葉を見もしない芸能人より、ネットで悪口だろうが議論できる方がマシだわ 一方通行の発言こそ何の生産性もない」
「ネットの悪口相手にするなんて生産性なさすぎて可哀想」

というように、小籔の意見に反発するネットユーザーは多く、これらのコメントのほかにも小籔に対する“罵詈雑言”といえそうな投稿も多数みられる。

断定的な物言いだったためか、手痛い批判を浴びてしまった小籔。ネット上の悪口に苦言を呈する記事が、炎上のもとを築いた――という皮肉な結果になってしまった。
(小浦大生)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト