都丸紗也華「お腹の出た遠藤憲一さんが大好き!」

都丸紗也華

2016.03.18 FRI

今週の彼女

1996年群馬県生まれ。2014年アイドルユニット「FYT」でメジャーデビュー。16年2月に卒業し、グラビアなどで活躍。4月からはドラマにも出演予定。また初主演を務める映画『イースターナイトメア~死のイースターバニー~』では、狂気に翻弄される少女を熱演! 3月19日(土)ロードショー!
『週刊ヤングマガジン』の表紙を飾るなど、注目度急上昇中なのが都丸紗也華ちゃん。このたび映画に初主演した。タイトルは『イースターナイトメア~死のイースターバニー~』。死者が蘇るとされるイースターの復活祭をモチーフに描くスプラッターホラーだ。

――どんな作品なんですか?

「私が演じる佳奈子が、死んじゃったウサギを土に埋めてあげたら、イースターの日に復活してしまうんです。そのウサギが、ストーカーから私を助けてくれるんですね」

――…と聞くと、なんだかいい話に聞こえますね。

「いや、ストーカーのほか、周りの人を次々と殺しちゃうんですよ。ウサギも人間サイズのモンスターで、顔がいろんな動物の死体でできていて、かなりグロいですよ。もともとスプラッター系は平気だったんですが、現場ではかなり怖かったですね」

――ウサギ、嫌いになりませんでした?

「それは別物だから大丈夫です(笑)。ただ演じていて、いろいろ怖かったですね。たとえばストーカーにビンタするシーンがあったんですが、ビンタしたことなくて、するたびに『もっと強く!』って言われて…。5~6回NG出してしまって、申し訳ないことをしちゃいました」

――いろいろ新鮮だったんですね。女優業は今後も続けたい?

「はい! とくに制服を着られるうちに学園モノやってみたくて、なかでもいじめっ子役に興味があります。小学校のころやっていた『ライフ』といういじめをテーマにしたドラマが、すごく印象的だったんです」

――結構影響されちゃうタイプなんですね。

「そうなんです。実は好きなタイプが遠藤憲一さんで、2年前に小栗 旬さん主演でやっていた『BORDER』というドラマに出演されていて、一目惚れしたんですよ!」

――渋いですね! エンケンさんは結婚されてるから難しいですけど…。

「さらに、お腹が出ている感じがすごく好きで。そんな大人な方と、夜景を見るドライブデートに行きたいですね!」

吉州正行=取材・文/澤田聖司=撮影

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト