「全部入り大盛り」におでんをつけてもワンコイン以下!

ポテト入りで絶品!400円焼きそば

2016.03.31 THU

ワンコイングルメ


手前が三色焼きそば、大盛り400円。奥にあるのは、カレー味を追加(無料)したもの。味にパンチが加わりこちらもgood! ※持ち帰りも可能(容器代10円) 撮影:うぬまいちろう
鶏の丸焼きが550円の店、コロッケが60円の店…。そんな激安店が並ぶのがJR関内駅から徒歩15分、横浜市営地下鉄阪東橋駅から徒歩2分の場所にある横浜橋商店街。思わず買い食いをしたくなるが、ここは堪えて通り抜けてほしい。商店街を抜けてさらに5分ほど歩けば、昭和の風情を漂わせまくる看板を掲げたお店「磯村屋」が現れる。絶品の焼きそばで知られるこちら、ガラガラと引き戸を開ければお店の内部も目を疑うほどに、昭和。

基本となる具が野菜のみの焼きそばに、肉、玉子、ポテトの3種類のうちから追加の具を一つ選んで、小盛250円、大盛300円。2つ選ぶと50円増し、さらに「全部入り」の三色やきそばは大盛りで400円。ここは贅沢に一番高級な三色焼きそば大盛りで行ってしまいましょう!

キャベツは芯の部分までがざく切りで、肉は全体に混ざるように細かくはされてはいない。また玉子も目玉焼きの状態でオシャレにトッピングされているわけでなく、軽くつぶされて一部が混ざりあっているなど、見た目よりも味重視、可愛がられすぎてないのがいい感じ。

さらにこの焼きそばを特徴づけているのがゴロゴロと入っているポテトの存在なわけですが、するする麺を食べたいところに若干もそっとした食感が加わるのでそこは好みが分かれそう。でも全体的な味でみれば、酸味が強めなソースと良くなじんでおり、ポテト入りの焼きそば、ありです!

店を切り盛りしているのは、御歳91の磯村愛子さん。創業70年近いというお店の歴史もあり、さぞやこだわりがあるのかと思いながら聞いてみれば…

「こだわりと言われても、とくにないわねえ」とつれない回答。作り方は企業秘密、自家製ブレンドだというソースについてたずねても、その調子はあまり変わらなかった。しかし、トッピングのポテトについて水を向ければ話は別。

「ジャガイモはね、あらかじめ蒸したものを麺と一緒に炒めるの。種類は北海道産の男爵で、とくに質のいいやつを選んでるのヨ。私もこの歳でしょ、これまでも何度か店をやめようと思ったんだけど、みんなが続けてっていうからなかなかやめられなくて(笑)。焼きそばの値段は20年一緒。材料費が高くなって嫌になっちゃうけど今さら儲けようとも思わないしね、だから芋は高くてもいいやつしか使わないの!」

わざわざトッピングにしているぐらいだから当然とも言えるのだけれど、焼きそばのこだわりを聞いてジャガイモに行き着いてしまったのが面白い。メニューには「ポテト」とあるのに、会話ではジャガイモになるあたり、おちゃめです!

ちなみにジャガイモ入りの焼きそばは、今は亡きご主人が考案されたもの。同様のメニューは栃木で比較的知られるが、たまたま重なっただけでご夫妻ともにとくに栃木にゆかりがあるわけではないという。

さて、この磯村屋はうまいおでんの店としても有名。1品85円とこれまた激安なのだけれど、醤油ベースでちょっと甘い昔ながらの関東風の味付けは、関西風が流行りとなっている今、むしろ新鮮に感じる。これを追加してもまだワンコイン以内。おでんダネにもジャガイモはあるので、こちらもいただいてみてはいかがだろう。

「対応できないぐらいにお客さんが来ちゃうから、最近は取材も断ってたのよ。だからあんまり宣伝しないでちょうだいね」

そんなおばあちゃんのお願いに反するようで申し訳ないのですけれど…。この店の雰囲気と、ポテト入りの焼きそばは、ぜひ一度味わっておくべきと、みなさんにオススメしちゃいますね!
(のび@びた)

■ワンコイングルメ第7回


「三色焼きそば」400円
磯村屋

場所:神奈川県横浜市南区八幡町4
アクセス:横浜市営地下鉄板東橋駅から徒歩10分
電話:045-261-0956
営:10:00~17:30(店内ラストオーダーは17:00、持ち帰りは17:15まで)
休:水・木

  • 手際よく焼きそばを炒める磯村愛子さん。焼きそばの味、店の雰囲気、おばあちゃんの存在、唯一無二のものがここに
    イラスト:うぬまいちろう
  • こんなサイズのジャガイモがゴロゴロと入っています
  • どうも複雑に見えてしまうメニュー表(笑)。基本となる一番安価な「焼きそば」でも玉子、肉、ポテトからどれか1つ追加の具を選ぶシステム。あとは、具を1つ追加するごとに50円プラスと思ってください
  • こちらのおでんも、持ち帰り可。夏場はおでんがなくなる代わりに、かき氷がメニューに加わります
  • 昭和の雰囲気漂う店内。某私立探偵のドラマのロケに使われたことも
  • こちらは店舗外観。ちなみにアルコールの提供はナシ

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト