日本のネット文化が世界基準になった?

え?あのアウディが顔文字を採用!?

2016.04.01 FRI


ヘッドライトにキラリと光るのは…顔文字!! なんと、あの新型Audi A4のオプション装備に《Audiマトリクス顔文字LEDヘッドライト》が新登場!?
言わずと知れた世界的自動車メーカーであるアウディのサイトに、驚きの情報が! 今年の2月に発表された新型Audi A4に、新開発のオプションを搭載できるようになったのだという。その名も「Audiマトリクス顔文字LEDヘッドライト」!

え? 顔文字ってあの、ガラケー時代からボクらのメールには欠かせない、あの顔文字のこと? しかも世界のアウディが? …とにかく疑問だらけなので、特設ページをチェックしてみた。すると写真の通り、あの顔文字がヘッドライトに採用されたようなのだ(マジか…)!

同ページには「ヘッドライトに表情を加えることで周囲の車とのコミュニケーションを可能にした、革新のライティング技術です」とあるが、その詳細は、最新テクノロジーと顔文字を融合させた、驚きのものだった。

とにかく気になって仕方がないこの新オプション。詳しくはサイトをチェックしていただくことをオススメしたいが、簡単に解説すると「ドライバーの健康状態を表情豊かな顔文字でヘッドライト上に表現する、新たなセーフティ機能を搭載したライト」なのだ。そう、ただの顔文字モチーフのライトなのではなく、そこには最新のテクノロジーが詰まっているというから驚きだ。ハンドルやシートに内蔵された脈拍計や体温計などから体調や疲労度を察知して、休息が必要と判断した場合には、警告音でドライバーに注意喚起するとともに、ヘッドライトをダルモード(; ´ Д `)に変更。道を譲るなど周囲にそのドライバーをサポートするよう促すという、今までになかった安全システムで、そこに日本のネットカルチャーの象徴である「顔文字」が光栄なことに採用された…というわけ。アウディの開発者も以下のように語っている(特設サイトより)。

「日本の顔文字は表現力が高く、周囲の車がドライバーの状態を瞬時に理解するのに適したデザインだと思い採用しました。このライトで、ドライバー間のコミュニケーションと安全を促していきたいと思います」

ちなみにこちらのオプションは50万円(税別)。
さらに、他車に道を譲ってもらった際に「(人´ ∀ `)」の顔文字をリアのライトに表示できる「Active gratitude assist rear」のオプションもある(25万円)。世界的自動車メーカー×「顔文字」…こだわりが詰まったまさかのコラボレーションの詳細は、ぜひ、「Audiマトリクス顔文字LEDヘッドライト」特設ページで! ダイナミックなライティングを紹介する動画や、twitterでのリツイートキャンペーン実施中だ。

(お気づきの方もいるかも知れませんが、こちらはこだわりが詰まったエイプリルフール用のフェイクニュースなので、ぜひ4月1日のうちにチェックすることをオススメします)

  • ドライバーの状態が正常な時は、<normal mode>としてヘッドライト上に顔文字\(^o^)/が点灯(左)。そして万が一健康状態に不調が検知された場合は<dull mode>(; ´ Д `)が表示される(右)。

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト