2016年プロ野球ペナントレースが幕を開けた!

プロ野球開幕! 「一新」ジャイアンツ好スタート!

2016.04.01 FRI


今シーズンを戦う高橋由伸新監督、コーチ陣、選手たちが続々とグラウンドに登場! 場内のボルテージは一気に上がった!
3月25日に開幕したプロ野球2016年シーズン! 読売ジャイアンツが開幕戦で迎え撃つ相手は、昨シーズンのセ・リーグ覇者・東京ヤクルトスワローズ。さっそく東京ドームに行ってみた!

今シーズン最も注目したいのは、なんといっても高橋由伸新監督。昨シーズン終了後に現役引退を発表。その直後に第18代・読売巨人軍監督に就任した若き司令官だ。チームスローガンに「一新」を掲げ、チーム全員が新たな気持ちで今シーズンを迎えたに違いない。

春休みということもあり、こどもから大人まで大勢の観客が集まった東京ドーム。開幕戦独特の緊張感ある雰囲気のなか、老川祥一・読売巨人軍オーナーと高橋由伸新監督が今シーズンの決意表明を行いオープニングセレモニーが幕を開けた!

照明が落とされた場内。オーロラビジョンには長野久義選手、菅野智之投手、阿部慎之助選手、内海哲也投手、坂本勇人選手ら5人の今季にかける思いが映し出された。その後、グラウンドに現れたいくつもの大きなボールは、多彩に色を変えながらグラウンドや内野スタンドを飛び跳ね場内を色鮮やかに飾った。

国家独唱で登場したのは歌手の絢香さん。始球式にはバドミントン日本代表の桃田賢斗選手がストレートを投げ込み観客からどよめきが起きた。

そして試合はというと…「一新」ジャイアンツにふさわしい、実に爽快な内容となった。4回に長野選手がソロホームランで先制すると、7回には小林誠司選手が二塁打で2点を加えて3−0。投げては、3年連続開幕投手の菅野智之投手が7回を無失点と好投。最後はマシソン投手、澤村拓一投手のリレーでヤクルトの反撃を抑え込み、3−1で今季初試合を見事白星で飾った!

高橋由伸新監督の記念すべき「初陣・初勝利」を目の前で見た大観衆は大いに盛り上がり、試合が終わってもなかなか席を立とうとしなかった。

  • オープニングセレモニーで印象的だったのが、グラウンドや内野スタンドに現れた多彩に光るたくさんのボール。照明が落とされた場内を鮮やかに舞っていた
  • 3年連続で開幕投手を任された菅野智之投手。ジャイアンツ4年目となる不動のエースは、7回を無失点で抑え好投。見事に高橋由伸新監督の期待に応えた
  • 開幕戦を待ち望んでいた多くのジャイアンツファンに埋めつくされた東京ドームの観客席。高橋由伸新監督を迎えての初試合だけに応援にも熱が入っていた
  • 東京ドーム正面22番ゲートの前には、ジャイアンツの開幕戦を祝して巨大なダルマが登場! 記念にスマホで写真を撮る人が大勢いた
  • 今期のチームスローガン「一新 ~GIANTS PRIDE 2016~」をチーム全員で掲げ、高橋由伸新監督が新しいジャイアンツの歴史を刻むことになる

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト