アクション映画特集が人気!“巨大サメvs.巨人”映画も大好評

『午後のロードショー』20周年、放送時間拡大に歓喜

2016.04.02 SAT

噂のネット事件簿


テレビ東京『午後のロードショー』の公式サイトはすごくシンプル ※この画像はサイトのスクリーンショットです
テレビ東京で平日午後に放送されている映画枠『午後のロードショー』が、4月4日から放送時間を拡大することが明らかになり、ネット上の映画ファンたちが歓喜している。

この4月で放送20周年を迎える『午後のロードショー』。現在は午後1時35分から午後3時15分までの120分の放送だが、4月4日からは午後1時50分から午後3時55分の125分の放送となる。

日本未公開作からハリウッド大作まで、様々な作品が放送される『午後のロードショー』。特にアクション映画やパニック映画が頻繁に放送されるのが特徴だ。また、ジャン・クロード・バンダムの主演作ばかりを放送する「ヴァンダミング4」や、毎月1本スティーブン・セガールの主演作を放送する「今月のセガール!!」など、個性的なテーマでプログラムを組んでいることも人気となっている。

5分とはいえ、そんな『午後ロー』の放送時間が拡大したということで、ツイッターでは、

「今年最大の明るいニュース」
「午後ローは毎回CMも面白いから楽しみにしている」
「いつもお世話になってます。 放送時間拡大は嬉しいですね」

などと、喜びのツイートが投稿されている。

また、放送時間変更前、最後の放送となった4月1日には『メガ・シャークVSグレート・タイタン』という、巨大サメと巨人型兵器が戦うアクション映画が放送された。ツイッターでは、

「午後ローが色んな意味で面白すぎて目が離せないwwwwww」
「もう午後ローは週一回ペースでサメ映画やればいいんじゃないかな」
「午後のロードショーでよくチョイスされる粗いCGの映画が大好き!今日はかなりの粗さ!とても良い!笑」

などと、その突飛な設定と、絶妙なチープさを楽しむネットユーザーも多かった。

ちなみに、4月4日からは20周年を記念し、「祝!20周年・アクション編!」という特集を立てて放送。そのラインナップは、『酔拳2』『ディレイルド 暴走超特急』『沈黙のテロリスト』などとなっており、新年度早々スリリングな昼下がりを体験できそうだ。
(小浦大生)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト