「むしろ有名人なら公表」という意見も

紗栄子「信念をもって」寄付公開に支持集まる

2016.04.23 SAT

噂のネット事件簿


振込受付書を公開した紗栄子。支持する声も多く寄せられている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
熊本地震の被災地支援活動で、子どもたちとともに500万2000千円の寄付をおこなったことを報告したモデル・紗栄子(29歳)の行動が、話題となっている。

4月19日、紗栄子が「私も今できることを。 子供達もお小遣い貯金を千円ずつ。 家族みんなで募金させていただきます...」として振込受付書を証明として公開したところ、議論が吹き荒れたのだ。募金する行動は素晴らしいのだが、それを「公開」することに意味があるのか、何の“アピール”なのか――というわけ。

さまざまな意見が寄せられたことに対し、紗栄子は21日にInstagramを更新し、

「先日の投稿でいろんな意見がありますが、一人でも多くの人が寄付について改めて考えてくださり行動に移してくれたらとの思いで、批判も覚悟の上、実名での振り込み明細を掲載しました。
信念を持っての行動なので、私は何を言われても大丈夫です。」

とコメント。また交際相手であるスタートトゥデイ社長の前澤友作氏もTwitterで同じく19日、熊本県に1000万円を寄付したことを報告しており、

「一人の経営者として率先して行動したり、包み隠さず発信していくことに責任を感じています。真似する人が増えて、結果支援が拡がることに期待しています。」

とつづっていた。

寄付報告の是非について、Twitterでは、

「寄付に関して批判されることは意味がわからないよね」
「彼女がどういう理由で額寄するにせよ、これだけの額寄付できるのは凄いし、被災地には有り難いこと。 批判する奴はお前は何かしたのか?と言いたいね」(原文ママ)」

と、どういう理屈であれ批判はお門違いだという意見がも多くあがっているほか、

「どんどん公表すべきでしょう。
むしろ尊敬しますよ。何で批判するの?」
「むしろ高額寄付した人は積極的に意思表示なり公表してもらって
懐に余裕のある層の人達の寄付に対する意識
呼び水になってくれたらいいと思う」

など“むしろ有名人は言うべき寄付したことを公にすべき”という声も少なくない。

“黙って行動してこそ美談”という日本人独特の(?) 考え方があるのかもしれないが、堂々とした紗栄子たちの言動が、非常時の芸能人のSNSのあり方に一石を投じたのは間違いないだろう。

(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト