セカオワ深瀬も絶賛!「元気でた」

岡崎体育「MUSIC VIDEO」あるあるMVが話題

2016.04.24 SUN

噂のネット事件簿


中毒性高い? 「あるある」過ぎてニヤリとしてしまうこと必至 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
関西を拠点に活動するソロ男性アーティスト・岡崎体育が、5月18日にメジャーデビューアルバム『BASIN TECHNO』を発売。そのなかに収められている「MUSIC VIDEO」のMVが、ネット上で話題になっている。

岡崎体育は、兵庫県生まれ京都府育ちの26歳。2012年に同志社大学を卒業後、本格的なソロプロジェクトをスタートさせ、出身地にちなんで名付けた音楽スタイル「BASIN TECHNO(盆地テクノ)」のライブパフォーマンスで注目されている。

「MUSIC VIDEO」の歌詞にはたくさんのMVの“あるある”が含まれ、MVは、歌詞に沿ってMVにありそうなシーンがテンポよくつなぎあわされ構成されている。例えば、

「カメラ目線で歩きながら歌う」
「急に横からメンバー出てくる」
「2分割で男女を歩かせて、最終的に出会わせる」
「突然カメラを手でかくして、次のカットで場所移動している」
「無意味に分身するよね」
「ビンタされとけ」
「交差点立っとけ」
「とりあえず目的もなく浜辺を歩け」
「何かを拾って振り返る」

などで、最後にも「ハイ、カット!」後に、「おつかれさまでした~」と、ちょっとした“素”をみせるところまで「MVあるある」ネタ満載。

これには人気ロックバンド・SEKAI NO OWARIのFukaseも参ったようで、Twitterで21日、嬉し泣きの顔文字を交え、「元気でた」とツイート。動画は19日に公開されてから22日12時までに42万回以上再生されており、

「いい意味でも悪い意味でもほかのMVをぶっ壊すMVやな…」
「好きなアーティスト増えた笑」

などというコメントが投稿されているほか、Twitterでも、

「なんか元気でたー\( ´ω` )/」
「笑ったわ笑笑」
「めっちゃおもろい」

と注目する人が続々とあらわれている。「MVあるある」テンコ盛りの4分半。元気をもらいたい人は、一度見てみては…?

(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト