テレビ番組の企画で“アンチ”と対面してぶち切れ

キンコン西野が芸人引退宣言 今後は「絵本作家」に

2016.06.28 TUE

噂のネット事件簿


Wikipediaでの西野の職業も、「日本の絵本作家」に変更された ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ネット上でしばしば一般人と激しい論争を繰り広げてきたキングコングの西野亮廣が、SNSで厳しい意見を送ってくる人間とリアルの場で対面。芸人引退宣言をする衝撃的な結末となった。

西野が衝撃発言をしたのは、6月27日の深夜に放送された『EXD44』(テレビ朝日系)という番組内でのことだ。この番組は、「若手ディレクターたちがお題にそって映像コンテンツを作成する」というもの。この日は、「SNSで厳しい意見を送ってくる方の顔、見たいと思いません?」というお題が設定され、“厳しい意見を送られる人”として西野が選ばれた。

このため西野は、ツイッターで、「SNSで日頃より僕に厳しい意見をくださる皆様へ。一度、僕と膝を合わせて話し合いませんか?」と呼びかけ、さらに彼に対して厳しい意見を言う人に対し、「会って話を」とメッセージを送り続けた。すると2人のツイッターユーザーが、西野と直接話し合うために現れた。

2人が西野に厳しい意見を送る理由は共通しており、「テレビに出ず絵本を描くことに腹が立つ」のだという。

「芸人が本職なのか、絵を描くことが本職なのか」
「本職が芸人なのに、絵に力を入れている」
「本業がおろそかになっている」

と、主張する一般人に対し、西野は、

「(芸人か絵描きか)1個にしないといけないの?」
「おろそかになってない」

と、反論。しかし2人を納得させることができなかったため、西野は「絵本作家になります。芸人辞めます」と宣言した。

結果的には芸人引退宣言に追い込まれた西野だが、ツイッターには、

「キンコン西野 芸人やってても絵を描いててもいいんじゃないの? 芸人やってて、他の仕事してる人なんてたくさんいるだろ」
「西野さん芸人ほんとに引退するの?別に芸人が絵本描いてもよくね?( 笑 )」
「キンコン西野の企画見てるけど 人の生き方に文句つけてはいけないと思うんだけど」
「キンコン西野の本職が何なのかそんなに気になるのか・・・芸人でも絵でも好きなことやっていいじゃないか~」

といった声が寄せられており、視聴者からすると論争に分があったのは西野だったようだ。ただし番組では、西野がマネージャーに「オレ、絵本作家になるから。会社に言っといて」と告げるシーンが放送されており、ツイッターのプロフィールも「漫才をする絵本作家です」に変更されている。

(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト