呑んべえの街で食べる“アジ”はやっぱり抜群!?

500円で至高のひととき アジ専門店の「たたき丼」を

2016.08.18 THU

お得にスマートに… マネー得々大学院 > ワンコイングルメ


「鯵たたき丼」500円。特製玉子スープ付き。特製のタレはテーブルにも用意されている
撮影:うぬまいちろう
猛暑が続き、バテ気味になるこの時期。肉料理よりも魚料理を選びたくなることも多いのでは? 

最近は魚専門をウリにした店を多く見かけるが、マグロのみ、ノドグロのみと、魚種を限定した店もまた増えている様子。しかし、大衆魚である「アジ」に限定した店というのはなかなかに珍しい存在ではないでしょうか。

立ち飲みや大衆居酒屋で有名な北区・赤羽にあるのが、その名も「鯵家」。専門店と聞けば、“ツウ”が好みそうないかめしい店構えも連想するところだが、ポップな青い看板、店員のコスチュームは麦わら帽にTシャツとかなりくだけた印象。

「BGMには海をイメージした波の音を入れるなど、海の家を模しています。専門店といっても堅苦しく思わず、気軽に利用していただければと思いこのスタイルに落ち着きました」

そう語るのは、店長の雲川さん。海の家の食事は多分に雰囲気込みだったりするけれど、こちらのメニューはもちろん、アジで勝負だ。いただいたのは、「鯵たたき丼」と「アジフライ丼」。どちらも玉子スープまでついて500円也。

■新鮮アジをご飯とともに頬張る。贅沢すぎるワンコイン


まずは鯵たたき丼を何もかけずにひと口 。鳥取県の境港から直送される鮮度の高さゆえ、コリコリとした歯ごたえすら感じる新鮮なアジの身は、青魚にありがちな生臭さもないうえ、小骨が口に当たることもない。どうやらちょっぴり甘めなタレがアジの旨さを引き出しつつ、ご飯との調和をもたらしているようですな。



撮影:うぬまいちろう

「アジフライ丼」。こちらも特製玉子スープ付き500円。思わずビールも欲しくなる!
撮影:うぬまいちろう
一方、大衆食堂でもおなじみのアジフライもひとアジ違う。毎日店で手仕込みし、オーダーごとに揚げるというアジフライはサックサクの衣に閉じ込められた、アジの凝縮した旨味 とふわっとした食感が楽しめる。ああ、アジフライがご馳走と感じられるなんて。

ところで「鯵専門店」ってあまり聞いたことがないのですけど、どういった経緯で始めたのでしょうか? それもこんな低価格で…。

「無類の鯵好きであるオーナーの『大衆魚を美味しく食べさせる店が少ない、みんなにもっと気軽に美味しく食べてもらいたい』という気持ちがまずありました。そこで、まず始めたのがたたき丼などに使う、特製のタレの開発。数え切れないほど試作してようやく完成できたところで、出店を決意しました。肉中心のファストフードが台頭しているなか、健康的な魚をより手軽に食べられる店として頑張りたいと思っています」


厨房はカウンターのすぐ向こうとなっており、手際よく調理を進める様子がよくわかる
イラスト:うぬまいちろう
「専門店」には高いというイメージがつきまとうもの。それを払拭するため、ボリュームを抑えたワンコインメニューを看板にしているとのことだが、そこまで少ない印象はない。たしかにガッツリ満腹系ではないけれど、しっかりと美味しいものをいただいた感はあるので十分満足です。これ、近所にあったら週一で通っちゃいますよ。

なお、アジたたき丼、アジフライ丼ともにランチタイム限定でなく営業時間中ずっと食べられる。ほかにもアジを使った料理が全部で約25種類あり、なかにはちょい飲みにぴったりのメニューもあったり。いやあ、アジはやっぱり赤羽に限る!
(宇都宮雅之)

■ワンコイングルメ 第17回

鯵家
「鯵たたき丼」500円
場所・東京都北区赤羽2-12-3
アクセス・JR赤羽駅南口・徒歩6分
営・平日8:00~22:00。土日祝9:00~22:00
休・無休
問・03-6903-8236
  • アジアンテイスト、でなく海の家テイスト。青い看板が目印。
    撮影:うぬまいちろう
  • 女性でも入りやすい明るい店内。お品書きも海の家っぽかったりする。
    撮影:うぬまいちろう

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト