「ハッピーエンドに決まってる」

女子大生を一喝 カズレーザーの幸福論が話題

2016.08.18 THU

噂のネット事件簿


「カズレーザークリニック」は、カズレーザーの繰り出す“処方箋”に名言が多いことで人気 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
『お願い!ランキング』(テレビ朝日系)で8月15日、メイプル超合金のカズレーザーが“将来が心配”だという女子学生に、「不幸から目をそらす努力が必要」とアドバイス。ネット上で話題になっている。

これは、カズレーザーが高学歴女子の様々な悩みに答える「カズレーザークリニック」というコーナーで、慶應義塾大学1年生の女子学生からの「常に将来の事を思い悩んでしまう」という相談に対して回答したもの。

カズレーザーは、“人生経験がないのに悶々とする”という女子学生に対し、「60(歳)の人は60の人で不安なんじゃない?」と話しつつ、

「人間どうせ幸せになるのよ。ハッピーエンドに決まってるのに、なんでバッドエンドにしたがるの?」
「理由をみつけて自分が不幸だなって思おうとしているだけで、思わなければずっと幸せだからね。生きてるんだし」
「生きてて幸せ、幸せの前提があるから不幸を見つけることができるんであって、不幸から目をそむければ、ずっと幸せだからね。頭いい人は不幸を見つけるのがうまいのよ。見つけなきゃいいのよ、そんなの。目をそらす努力。臭いものにフタをする努力」

と回答。女子学生も納得した様子だった。

この様子を、番組のキャプチャ画像とともに紹介したツイッターの投稿が反響を呼び、ツイートは投稿後3日で8万弱のリツイート、17万超の「いいね」がされた。また、

「いいこと言うよねカズレーザー笑」
「なるほど…不幸から目をそらす努力かぁ…('ω')簡単そうに見えて難しいんだろうなぁ('ω')」
「幸せの前提があるから不幸を見つけられる。不幸から目をそらす努力。自分で思うより言ってもらったほうが何倍も自信がつく。そういう意味で有り難い言葉」
「そんな考え方もあるんだなぁと素直に感心した、すっごく前向きだわ(°▽°)」

と納得する人からの声も多く投稿されている。

カズレーザーは「モットーは日々現状維持」とも話した。金髪に赤い衣装がトレードマークで、型破りなイメージのある芸人・カズレーザーの“名言”に、気持ちが楽になった人は多かったようだ。
(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト