サッカー「ロシアW杯アジア地区最終予選」インタビュー特集

松木安太郎「“時代が松木に追いついた”と言われまして」

2016.08.31 WED

ロングインタビュー

松木安太郎

松木安太郎(まつき・やすたろう)
1957年東京都出身。小学校時代からサッカーを始め、中学校入学と同時に読売サッカークラブに加入。暁星高校から堀越高校へ転校し、クラブチームの練習に専念。その後、日本体育大学へ進学も、3年時に中退し、クラブの活動へ専念。1976年に日本サッカーリーグデビュー。日本リーグ時代は、リーグ優勝3回、天皇杯優勝3回JSLカップ優勝1回を誇る。日本代表としては、国際Aマッチに12試合出場。1990年に現役引退。その後、Jリーグ開幕直前に、ヴェルディ川崎の監督に就任。三浦知良やラモス瑠偉らを擁し、チームを開幕から2年連続の王者に導く。その後は、テレビ朝日などでサッカー解説者を務め、日本代表戦の中継には欠かせない存在になっている。
9月1日(木)からいよいよスタートするサッカー「ロシアW杯アジア地区最終予選」(テレビ朝日系列で地上波生中継)。数々のドラマが生まれたW杯最終予選を、当事者たちと振り返る。今回は、初心者でも楽しくなる解説で人気の松木安太郎さんだ。(前編記事はこちらから)。

自分は変わらない。変わったのは周りだ。


日本代表に初選出された時も松木さんは何も変わらない。26歳。特にプレースタイルや、自分の実力が劇的に変化したことはなかったと思い返す。

「ずーっと若い頃から読売のレギュラーだったのに、全く選ばれず。それがある時、世の中が変わるんですよ。体制側が変わって突然認められることもある。何があろうと続けていく重要性みたいなものは、身をもって感じているところはありますね。ずーっと過去をさかのぼってみると、わがまま一本できた生き方も悪くないなって思ったりもします」

そしてワールドカップもまた、そう。日本代表としてメキシコワールドカップの予選に臨んだ時は、アジアの決勝まで進出した。

「出たかったですねえ。人生かけてましたから。やれることは全部やった。今なら出られてたんですけどねえ(笑)。僕らの時は、東アジア・中東・アジアで1チームずつっていう設定でしたから、その地域で優勝しなくちゃいけなくて。決勝で負けたわけですから、アジア枠が2チームあれば出られてたんです。ドーハの時には枠が0.5増えたけど、結局最後の1枠に入るのが厳しかったわけじゃないですか。正直、今のオリンピックよりも厳しい条件のなかで、よく頑張ったと思いますよ」

松木さんの解説だってそうだ。“プレースタイル”は、ジョホールバルの頃よりはずいぶん派手で感情的になっているかもしれない。視聴者が画面を見て瞬時に思うことを、松木さんは放送席で代弁してくれている。今のほうが間違いなく支持されるようになっている。

「テレビ朝日会長の早河(洋)さんが、“時代が松木に追いついた”って言ってくださいましたね(笑)。その言葉をお聞きして自分の過去を振り返ってみると、なるほどやっぱり僕は自分のスタンスは変えてなかったなと実感できてるんです。まあ最近はニアポスト、ファーポストぐらいは言うようになりましたけど(笑)。

僕は解説者になりたくてではなく、生きるために始めたんです。でも与えられた仕事は常に一所懸命やってきた。そういう姿勢だから。朝4時からの5分間という出番でも120%でいきました。それがたぶん、今の僕をすごく助けてくれるひとつの材料になったと思いますよ」

絶対に負けられない戦いへの向き合い方。


そしていよいよ9月1日から、また、おおよそ1年がかりの「絶対に負けられない戦い」が始まる。緒戦・ホームUAE戦では、松木さんも放送席から日本を応援してくれる。

「僕は日本が今、アジアの中でトップになるってことが大事だと思うし、いざワールドカップに行った時に、何ができるかを目標に戦っていただきたいと思ってます。もちろん日本がワールドカップに出場することを大前提として応援していきたいけど、かなり厳しくなってきている。

今回のリオデジャネイロオリンピックでは、多くの国々が日本選手団の成長と脅威を感じたと思うんです。サッカーでは同じように、低迷していた国が日本をなんとか倒そうという状況になっている。それがアジアなんです。日本がどうしたわけではなく、周りがすごく力をつけてきている。きっと厳しい戦いになるだろうなと思ってます。しかも1戦目を落としたチームは出られないというデータがある。1個ずつ大事に戦っていってほしいですね。このあいだのフランスでのEURO(欧州選手権)でも、まさかオランダが出られないとかそういう事態になっているわけです。あり得ないだろっ! ってことが起こりうる事態になってきてる時代なんです。日本がアジアのなかでそんなふうになる時が来るかもしれない。そうならないように、ぜひともがんばってほしいですね」

「でもひと昔前には、逆にワールドカップに出ることが大事件だったんだからなあ」と、松木さんつぶやいて、「そういえば」と続けた。

「ジョホールバルで日本が決めた時に、印象的なできごとがあったんです。日本に負けたイランが、あの試合の後、控えも含めて全員ですぐさま練習してたんですよ。日本が歓喜の真っ只中にあった時に、それとは関係なく淡々と次への準備をしていた。後はプレーオフしかなかったけど、彼ら諦めてなかったんだよね。そしたら勝ったでしょ? 結局フランス大会に出た。あの姿勢はものすごく印象的でしたね。今でも覚えています。とにかく諦めずに戦ってほしい、そう思います」

■インタビュー前編はこちらから
■R25「サッカー日本代表」特別インタビュー特集はこちらから

武田篤典(steam)=取材・文/稲田 平=撮影

■サッカー「ロシアW杯アジア地区最終予選」(テレビ朝日)
10月6日(木)日本vs.イラク
10月11日(火)オーストラリアvs.日本

川平慈英&中山雅史がW杯アジア地区最終予選の思い出の名シーンとリンクするスペシャル映像も要チェック。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト