夫・海老蔵、姉・麻耶も思いやりの声

がん闘病中の小林麻央がブログ開設 ネットでエール続々

2016.09.02 FRI

噂のネット事件簿


自ら発信することを決意し、心境をつづるブログをスタートさせた小林麻央 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
歌舞伎俳優・市川海老蔵(38歳)の妻で、乳がん闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央(34歳)が9月1日、ブログ「KOKORO.」を開設した。

今年6月9日、海老蔵は、麻央が乳がんで1年8カ月にわたり闘病していることを公表。病状について「比較的深刻」とし、抗がん剤を使った治療を続けていることを明らかにしていた。

それからしばらく静養のため、麻央自ら発信することはなかったが、今月1日に新たにブログを立ち上げ、「なりたい自分になる」と題した記事を投稿。ブログ開始のきっかけは、がん治療の先生に「癌の陰に隠れないで」と言われたことだといい、「時間の経過とともに、癌患者というアイデンティティーが私の心や生活を大きく支配してしまっていた」ことに気が付いたという。そんな麻央は、

「元気になったら
元の自分や生活に戻れるのだから
それまでは、
誰にも知らせず、心配をかけず、
見つからず、、、と思ってきました」

と、がんを隠していたことを振り返り、また、がんであることが公になってからは、

「これまで以上に病気の陰に隠れようとして
心や生活をさらに
小さく狭いものにしてしまいました」

と胸のうちを明かしている。そして、

「私は
力強く人生を歩んだ女性でありたいから
子供たちにとって強い母でありたいから

ブログという手段で
陰に隠れているそんな自分とお別れしようと決めました」

と、ブログ開設の決意をつづっている。このブログ記事は2日10時までに15万8000以上もの「いいね!」を獲得、6000以上のコメントが寄せられるなど反響を呼び、Twitterでも、

「小林麻央さんのブログ『時間の経過とともに、癌患者というアイデンティティーが私の心や生活を大きく支配してしまっていたことに気がつきました。』
この癌患者というワード。いろんな言葉に置き換えられるなと自分にあてはめていろいろ考えました」
「小林麻央さんのブログを読んで同じ母親として胸がギューっと痛くなった。
強くて凛としていて儚い文章。
素敵な女性なんだろうなぁ」
「小林麻央さんのブログを読みました。涙がとまらない。なんだろ、毎日を大事に一生懸命生きようと思いました。弱い自分とはさよならして強く生きたいです」

など、シンプルながら強さが伝わってくる麻央の言葉に、自身のことを考えさせられたという人も多かったようだ。反響を受けて麻央は同日夜、再びブログを更新。

「人と人。今日は、たくさんの皆様と
繋がれて、勇気づけられました。
うれしいです。ありがとうございます」

と、感謝の言葉をつづった。海老蔵は、自身のブログでこの麻央のブログ記事を引用、再エントリーし、

「涙
よかったね、
心の底からそう思う。
ありがとう。
ありがとうございます。
本当にありがとうございます」

とコメント。姉で体調不良により休業中のフリーアナウンサー・小林麻耶(37歳)も1日、6月1日以来3カ月ぶりにブログを更新。休業を詫びたうえで、

「P.S. 妹がブログ始めました。
ぜひ、アクセスしていただけたら嬉しいです」

としている。3人が互いに家族のことを思いやる姿に、ネットでは多数のエールが送られている。
(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト