『スマスマ』を失い、メンバー情報豊富な長寿番組までも…

稲垣吾郎のラジオ、来年継続未定に「タイトル変えて」

2016.09.25 SUN

噂のネット事件簿


『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』の継続を希望するはがきを送る、というファンの声も多い ※この画像はサイトのスクリーンショットです
文化放送は9月20日、年内に解散するSMAPのメンバー稲垣吾郎(42歳)がパーソナリティーを務めるラジオ番組『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』について、2017年1月以降の放送が未定であることを発表した。ネットではファンの間で不満が噴出している。

『デイリースポーツ』によれば、同局の定例の社長会見で、番組の存続について、編成担当の長谷川実取締役が「12月まではそのままの通りということで。1月以降は決まっておらずというのが現状です」と説明。また、三木明博社長は「総合的に判断して番組をどうするか、編成を含めて全社的に考えて決めたい」と語ったという。

同番組はSMAPのCDデビューが決定した1991年直後に始まった番組。開始当初は、SMAPのメンバーが交代でパーソナリティーを担当していたことから、番組名は『STOP THE SMAP』だった。2012年から稲垣単独での出演となったことで現在の名称になっており、SMAPのレギュラー番組としては最も長く続いている、ファンには特別な番組だ。Twitterでは、

「タイトル変更して継続してください!綜合的に判断するとそれが得策です!!」
「もうタイトルなんてなんでもいいから! これが無かったら吾郎さんの近況が分からなくなる!!」
「タイトル・曜日・時間を変更してもいいから吾郎さんのラジオはこれからも続けて欲しいです」
「万が一の場合はタイトル変えればいいじゃん。人気あるのにやめるかもっておかしいよ?」

と、タイトルや放送日時などを変えてでも存続を願う声が上がった。一方で、

「吾郎君のラジオ、年内は継続だけど来年は未定?何で?グループが解散するのが決まってるだけで、個人活動には全く関係ないでしょ?」
「SMAPではなく 個人の仕事に 何を総合的に判断がいるのだろう? おかしすぎる・・スマップの名前外して個人名だけで出来ないのか?」
「グループが解散するのが決まってるだけで、個人活動には全く関係ないでしょ?」
「スマップの名前外して個人名だけで出来ないのか?ジャニーズが圧力かけてるのか?」

とグループではなく稲垣個人の問題であると違和感を示す声が寄せられた。

同局の判断材料の1つとして、同番組のコーナーが大きく影響している可能性も十分に考えられる。稲垣吾郎の活動情報をはじめ、SMAPの情報やメンバーの近況などに触れる「SMAPな時間」というコーナーだ。さらに、リスナーがグッズ化してほしいSMAPのコンサートグッズなどを募集するコーナー「お宝スマグッズ」もあげられる。

テレビ朝日が9月7日に『「ぷっ」すま』と『SmaSTATION!!』の継続を発表したばかりとあって、番組の継続の可否にはファンも敏感になっていたようだ。だが、それ以上に、同番組が扱うコーナーにSMAPの楽曲やメンバーそれぞれの近況報告が多いことも、放送継続を決定するかしないかの大きな要因なのかもしれない。
(山中一生)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト