「ホントに声優舐めんなよ」「マルチタレントを目指す?」

ぱるる「ジブリ声優やりたい」解釈に議論勃発

2016.10.05 WED

噂のネット事件簿


「汚い字ですみません...。」と手書きのコメントを投稿した島崎 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
「ぱるる」ことAKB48の島崎遥香(22歳)が10月3日、年内をもってグループを卒業することを発表した。ネットでは卒業に対して応援コメントが多数みられたものの、彼女が発言した“卒業後の夢”についてファンを中心に議論が巻き起こっている。

「Smartザテレビジョン」など複数メディアによると、この日、東京・秋葉原で開かれた「バイトルNEXT」新CM発表会にHKT48の指原莉乃(23歳)、AKB48の渡辺麻友(22歳)、横山由依(23歳)とともに出席した島崎。「年内をもってAKB48の活動を終了させていただくことにしました」と卒業を自ら報告するとともに、その胸のうちを語った。

なかでも注目されたのは、卒業後の活動だった。島崎は「今すぐに卒業して女優になりますと言えるほどの実力もないので、『女優一本で行きます』とは言えません」としながら、「頂いたお仕事に全力で取り組んでいきたいなという前向きな意志はあります」と発言。また、やってみたいことについて「ずっと夢だったことがあって、ジブリ映画の声優をやりたいなと思っています」と将来の展望を明かしたという。

これについてTwitterでは、

「ぱるるのこととってもとっても大好きで、これからもきっと応援するけど、ジブリの声優になりたいなんて正直認められない。ホントに声優舐めんなよ」
「ぱるるの声優になりたい発言の批判がすごい。まあ、ジブリの声優とか舐め腐ってるから妥当だな。元推しだから応援はしたいけどなぁ。。。」

と、女優の実力不足を発言しつつ、将来の夢に声優を挙げたことから、声優を軽んじていると捉えたファンから異論があがり、さらに、

「ぱるる卒業か?ジブリの声優?夢を持つなとは言わないけど周りを察するコメントを望みますね。個人的にそう思うよ」
「は?あっ夢ね。夢なら思い描く分には問題無しか。けど、気配りできるようになる方が先じゃね?」

と批判的な声も寄せられている。ただ一方で、

「珍しい抱負、『おたくコンテンツ以外でも活躍したい』って意味かね」
「もうジブリ声優決まったのでAKBファンの方々よろしくね☆ 想像ですが」
「ジブリの声優って最近本業声優さん使わないでしょ? 声優になりたいじゃなくて女優になって有名になってやりたいってことでしょ?」
「みんな言ってるけどジブリってプロの声優は使わないよね。プロではなく声優の真似事もやるマルチタレントを目指すって事か?」

と発言の真意を探るユーザーも現れている。

発言の真意はともかく、“塩対応”で話題になってきた彼女。卒業がファンの興味をひく最後の“潮時”にならないことを願うばかりだ。

(山中一生)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト