今年デビューの新人女優がいきなり超人気作に出演

『ドクターX』の秘書で話題! 田中道子「年上男性が好き」

2016.11.11 FRI

今週の彼女
田中道子
田中道子(たなか・みちこ)
1989年静岡県生まれ。2013年「ミス・ワールド2013」日本代表。16年に女優の道に進むことを発表し、デビュー作となるドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』では東帝大学病院の院長・蛭間重勝(西田敏行)の秘書兼愛人・白水里果を熱演中。金とステイタスが大好きで、男性を手玉に取る魔性の女の活躍(?)に期待! 毎週木曜日21:00からテレビ朝日系列で放送中!

『ドクターX~外科医・大門未知子~』で注目の魔性の女性、実は“おっさんキャラ”だった!?


今や押しも押されもせぬ人気シリーズとなったドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系列)。主演の米倉涼子さん演じる傲岸不遜ながら憎めないキャラクターが人気だが、豪華な共演陣による芝居の応酬も魅力。なかでも病院長・蛭間重勝(西田敏行)の秘書兼愛人・白水里果として注目を集める新人女優が、田中道子さんだ。ミス・ワールド日本代表に選ばれ、モデルとしてキャリアを積んできたが、本作が女優デビュー作となる。

――いやはやこんな話題作が初出演作とは! 西田さんとのシーンが多いですが、現場にはもう慣れましたか?

「まだまだです! 最初に西田さんにお会いした時に『楽しんでやりましょうね』とおっしゃってくださり、少し緊張がほぐれました。でも西田さん、アドリブが多くて、何度かあるテストから本番まで、全部セリフを変えてこられるんです。台本は覚えていきますけど、予習できないので。どんなアドリブが飛び出してくるのか、前の晩なんて眠れないくらいです(笑)」

――じゃあ、随分演技力を鍛えられそうですね。

「それでもまだ私には手加減してくださっていると思います。ほかの皆さんはハードなアドリブにもしっかり対応されていて、本当にスゴいです」

――米倉さんの印象は? 今後、劇中ではどんな絡みがあるんですか?

「尊敬する事務所の大先輩ですから、ご一緒できて本当に嬉しいです。米倉さんがほしがっていた服を、私が先に買って着てしまうシーンで初共演させていただきました。私、結構な魔性の女性役で、西田さん以外にも関係を…。そちらも楽しみにしていてほしいんですが、とにかく金と権力が大好きなんです(笑)」

――潔い魔性の女性役なんて、逆に好感が持てます! カメラが回っていない時はどんな雰囲気なんですか?

「キャリアも年齢も上の方が多いので、自分から積極的には話しかけられていませんが、とてもよくしてくださっています。たぶん私がド新人で緊張して固まっているのを見かねて、話しかけてくださっているんだと(笑)」

――なるほど! ところで話は変わりますが、共演陣と付き合うなら誰がいいですか!?

「結構年上好きなんですよ。だから…吉田鋼太郎さんとか。吉田さんは『今日は一段とかわいいね』なんて冗談をおっしゃいます。わざと突っ込まれるスキを作って…なんだかオシャレで素敵ですよね」

――ただ、今は女優の仕事をスタートしたばかりですし、恋愛よりは仕事ですよね?

「事務所のルールで30歳過ぎまでは恋愛禁止ですからね。でも子供も好きなので、いつかは結婚したいです」

――どんな仕事がしたいとか、イメージはありますか?

「マンガの実写化です。もともとお兄ちゃん子だったというのもあるのでゲームとかマンガとかが大好きで。一番好きなのは『キングダム』なんですが、今年3月に女優の道に進むことを決めた直後に実写化の発表があって、しかもキャストも決まっちゃったので…」

――それは残念。にしても『ドクターX』の役柄とは打って変わって、男の子のカルチャーが好きだとは。

「そうなんです! 競馬とかギャンブルも結構好きですよ(笑)」

――なんと! おじさん好きというより、おじさんそのものなのかも?

「そうかもしれません(笑)」

吉州正行=取材・文/森カズシゲ=撮影

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト