2016年、文春砲炸裂しまくり!都知事の公費流用疑惑を押さえて…

「これはスゴイ!」と思った文春の記事、1位は「ゲス不倫」

2016.12.25 SUN

世論調査

「ゲス不倫」がユーキャンの新語・流行語大賞トップテン入り。顔バレ防止にお面をかぶった記者が扮する、文春(ふみはる)くんが授賞式に登場した
画像:伊藤真吾/アフロ
2016年、もっとも話題を集めた週刊誌と言えるのが『週刊文春』。その報道は、社会への影響力の強さから兵器になぞらえ「文春砲」と呼ばれるほど。芸能人から政治家まで、2016年は様々な方が“被弾”したわけです…。

さて、いくつもあったスクープ報道のなかでも、とりわけ「これはスゴイ!」と驚嘆した報道はどれなのでしょうか。20~30代の会社員男女200人(男女100人ずつ)に聞いてみました。

〈2016年『週刊文春』の記事のなかで「これはスゴイ!」と思った報道ランキング〉

(全12項目から3位まで選択。1位3pt、2位2pt、3位1ptで集計。R25調べ。協力/アイリサーチ)
1位 「ゲス極・川谷&ベッキーの不倫暴露」報道 388pt
2位 「舛添都知事・公用車、公費の私的流用疑惑」報道 145pt
3位 「育休議員こと宮崎謙介議員の自宅不倫」報道 87pt
3位 「レコ大・1億円買収疑惑」報道 87pt
5位 「元少年A・顔写真つき現在の生活詳細」報道 83pt
6位 「ショーンK・学歴詐称」報道 80pt
7位 「ユニクロ・記者がバイトとして潜入取材」報道 60pt
8位 「甘利経産大臣・賄賂を渡した当人が金銭授受を告発」報道 59pt
9位 「とにかく明るい安村・不倫」報道 58pt
10位 「テレ朝田中アナ・グッド!モーニング不倫」報道 45pt

※番外
11位 「鳥越俊太郎・女子大生淫行疑惑」報道 34pt
12位 「ホリエモン・新恋人は女装男子」報道 33pt

2位にダブルスコア以上の差をつけて「ゲス極川谷&ベッキーの不倫暴露」報道がトップ。選択肢の中では最も古い報道ながら、「ゲス不倫」が今年の流行語にも選ばれており、順位の予想はある程度ついていましたがこれほどとは…。

では、男女別で見てみるとどのようになるのでしょう。

【男性】
1位 「ゲス極・川谷&ベッキーの不倫暴露」報道 174pt
2位 「舛添都知事・公用車、公費の私的流用疑惑」報道 70pt
3位 「レコ大・1億円買収疑惑」報道 55pt
4位 「ショーンK・学歴詐称」報道 52pt
5位 「元少年A・顔写真つき現在の生活詳細」報道 39pt
6位 「甘利経産大臣・賄賂を渡した当人が金銭授受を告発」報道 35pt
7位 「ユニクロ・記者がバイトとして潜入取材」報道 33pt
8位 「とにかく明るい安村・不倫」報道 32pt
8位 「育休議員こと宮崎謙介議員の自宅不倫」報道32pt
10位 「テレ朝田中アナ・グッド!モーニング不倫」報道 29pt

【女性】
1位 「ゲス極・川谷&ベッキーの不倫暴露」報道 214pt
2位 「舛添都知事・公用車、公費の私的流用疑惑」報道 75pt
3位 「育休議員こと宮崎謙介議員の自宅不倫」報道 55pt
4位 「元少年A・顔写真つき現在の生活詳細」報道 44pt
5位 「レコ大・1億円買収疑惑」報道 32pt
6位 「ショーンK・学歴詐称」報道 28pt
7位 「ユニクロ・記者がバイトとして潜入取材」報道 27pt
8位 「とにかく明るい安村・不倫」報道 26pt
9位 「甘利経産大臣・賄賂を渡した当人が金銭授受を告発」報道 24pt
10位 「鳥越俊太郎・女子大生淫行疑惑」報道 17pt
10位 「ホリエモン・新恋人は女装男子」報道 17pt

1位2位までは同じですが、1位のポイント数には40ptの違いがあります。よりこの話題に興味を持っているのは女性の模様。その他、順位の異なる箇所がいくつもありますが、目立つのは「育休議員の不倫報道」でしょう。男性では、32ptの8位にとどまっていますが、女性では55ptで3位につけています。

では次に、それぞれを選んだ理由を見てみましょう(並びは総合の順位)。

●1位 「ゲス極・川谷&ベッキーの不倫暴露」報道
「ゲスの名前があっているから」(29歳・男性)
「ベッキーの真面目そうなイメージが崩れた」(38歳・男性)
「一番インパクトのある不倫だったから」(36歳・男性)
「1年、さまざまな不倫報道の火付け役的存在になってしまった印象があるから」(27歳・女性)
「意外だったのと、LINEの内容などえげつないと思ったから」(33歳・女性)
「ベッキーは不倫なんてしないイメージがあるから 二人のライン内容や謝罪などにムカついた」(38歳・女性)

●2位 「舛添都知事・公用車、公費の私的流用疑惑」報道
「ゴシップなだけでなく、不正をただす報道なので支持します」(38歳・男性)
「都知事を辞任するほどの大問題になったから」(33歳・男性)
「税金がこんな人に悪用されていたのかとあきれ返ったから。高給取りのくせにケチなところがダサいと思った」(38歳・女性)
「よく都知事に切り込んだなという感想」(38歳・女性)

●3位 「育休議員こと宮崎謙介議員の自宅不倫」報道
「男性の育休がイメージダウンさせられた」(31歳・男性)
「アホそうな議員だと思っていたけど、文春のおかげでこんなバカに血税から議員報酬が払われなくなって良かったと思ったから」(38歳・女性)
「あれだけ育児休業を喧伝した挙句に不倫とは何とも言えない」(36歳・女性)

●3位 「レコ大・1億円買収疑惑」報道
「テレビではほとんど報道されなかったから」(33歳・男性)
「授賞形式の番組全体に与える影響が大きいので」(39歳・男性)

●5位 「元少年A・顔写真つき現在の生活詳細」報道
「更生の邪魔になったのではないでしょうか。モラルのかけらもない週刊文春はスゴイ!」(34歳・男性)

●6位 「ショーンK・学歴詐称」報道
「見た目や立ち居振る舞いからして、完璧で全く疑う余地がなかったから」(33歳・男性)

●7位 「ユニクロ・記者がバイトとして潜入取材」報道
「身を削って取材をする姿に執念を感じるし、とても格好良いと思った」(36歳・女性)

●8位 「甘利経産大臣・賄賂を渡した当人が金銭授受を告発」報道
「悪さを暴いたから」(37歳・男性)

●9位 「とにかく明るい安村・不倫」報道
「売れているときの気の抜け方がすごい」(33歳・男性)

●10位 「テレ朝田中アナ・グッド!モーニング不倫」報道
「今年あれだけ不倫を報道していた本人が不倫していたから」(30歳・男性)

ちなみに、今回のアンケート結果を『週刊文春』の編集部に送ったところ、こちらのコメントをいただきました。
「ランキング、興味深く拝見しました。来年も皆様があっと驚くスクープをたくさん出せるよう、頑張ります」(週刊文春編集部)

おそらくは「ゲス不倫」報道に匹敵するような、年始一発めの文春砲を仕込んでいるはず。今から楽しみだったり、どこか怖くもあったり…。
(のび@びた)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト