CDの売り上げと楽曲の人気は別物!?

事実上1位は“ハイスタ”?オリコン年間ランキングが話題

2016.12.29 THU

噂のネット事件簿

Hi-STANDARDのシングルリリースは16年半ぶり ※画像はサイトのスクリーンショットです(Hi-STANDARD [Another Starting Line] リリース特設サイトより)
2016年のオリコン年間シングルランキングが発表され、上位がAKB48系とジャニーズ系のアイドルだらけになっているとネット上で話題になっている。

2016年のオリコン年間シングルランキング1位となったのは、AKB48の「翼はいらない」。以下4位までがAKB48、5位、6位と8位が乃木坂46、7位、9位と10位が嵐という結果。トップテンにランクインしているのは、以上の3グループだけなのだ。

10位以下を見ていくと、欅坂46、SMAP、SKE48、NMB48、HKT48、Hey! Say! JUMP、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2がランクイン。つまり、秋元康プロデュースのアイドルグループ、もしくはジャニーズ事務所所属のグループばかり。そのいずれでもないアーティストとなると、27位のHi-STANDARD「ANOTHER STARTING LINE」が最上位という結果である。

AKB48系とジャニーズ系だらけとなっている今年のオリコン年間シングルランキング。ツイッターでは、

「30位まで見て、メロディーが浮かぶのが世界に一つだけの花だけだった・・・」
「円盤も特定分野しか売れないんやね…」
「もはや人気楽曲のランキングというより、ただのファングッズ売れ行きランキングだな(今更)」

といった声が上がっている。ここ数年はAKB48系やジャニーズ系が年間ランキングの上位を占めることが多いが、どうやらCDの“特典”を目当てに購入するファンもいるようで、CDの売れ行きは楽曲の人気とはイコールではなくなっているという認識が広まりつつあるようだ。

そんななか、AKB48系とジャニーズ系以外で最上位となったHi-STANDARDに対しては、

「オリコンの年間シングルチャート。 ジャニーズ系とAKB系を除いたら、一番がHi-STANDARDというのも素敵な話。かな」
「Hi-STANDARDのANOTHER STARTING LINEがオリコン年間シングルランキングで27位!!!! コレより上は全てAKBグループとジャニーズ勢のみ。 スゴいことだよこれは」
「今年のオリコンシングルランキングで1位から〇〇〇48、と欅坂とジャニーズのみで突然27位にハイスタ入ってるの、どんだけ凄いかってことよな」

などと、驚く声も多い。

ちなみに、Hi-STANDARDの「ANOTHER STARTING LINE」は、16年半ぶりとなるシングル。事前告知一切無しで、発売日当日にいきなりCDショップの店頭に並ぶというゲリラ的な発売形式だった。また、発売当初は店頭販売のみで、ウェブ通販とダウンロード販売は発売から3週間後に解禁となった。いち早く楽曲を楽しむためには、CDを手に取る必要があったということも、上位にランクインした要因なのかもしれない。
(小浦大生)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト