「刑事物語」風?「金八先生」風?

武田鉄矢の「水戸黄門」 出演作パロディ期待する声続出

2017.03.15 WED

噂のネット事件簿

「水戸黄門」は6年ぶりに復活。武田は「『明日もがんばろう!』と、感じられるような番組を目指して、一生懸命演じます」と語る ※この画像はサイトのスクリーンショットです(武田鉄矢公式サイトより)
2011年12月、42年に及ぶ歴史に幕を下ろしたドラマ『水戸黄門』が、俳優・武田鉄矢(67歳)主演でレギュラー復活することが発表され、話題となっている。放送はBS‐TBSで今年10月から放送開始するという。

BS‐TBSの発表によると、武田は役作りについて「いつでもどこでも庶民の味方であって親しみやすい、水戸光圀でありたいと思っています。世直しの旅をしながら、好奇心旺盛で少々泥くさいぐらい人間味あふれる黄門さまですね」とコメント。今回の旅は、東日本大震災で多くの被害を受けた東北の太平洋沿岸部を中心に、青森・八戸を目指すという。

武田といえば、ファンそれぞれの印象深い出演作品があるようで、Twitterには、

「武田鉄矢さんの水戸黄門…私にとって武田さんのイメージは、『刑事の現場2』や『純と愛』、そして“ガンテツ”。いっそ、べらんめえで強面な黄門さまを期待したい♪」
「『水戸黄門』が武田鉄矢で復活とか全然イメージはまらないけど高まるな。『刑事物語』時代のアクションを期待したい。」
「ハンガーヌンチャク使った立ち回りに期待w」

と映画『刑事物語』風の演出を願う声のほか、『3年B組金八先生』(TBS)のイメージが強いファンからは、

「『武田鉄矢が水戸黄門』となったら、ぜったい『長い説教』『根拠のない漢字うんちく』を観る側は期待するよね。東野英治郎の『かっかっかっ』笑いみたいなもんで(^^) 」
「『この紋所が見えんとね! このバカちんがぁ~!! そげんかモン振り回しとっても無駄ばいっ、わしゃ死にまっしぇ━━━ん!』
…っていうセリフに期待する武田鉄矢Ver. 水戸黄門( ̄▽ ̄)」

と、説教やうんちくを傾ける黄門様を想像する声も。その他、

「金八テイストや赤いきつね、刑事物語。いつふざけるか期待してみてしまいそう」
「武田鉄矢の水戸黄門にはパロディ的なシーンを期待したい」

など、どうしてもパロディを期待してしまうという声も少なくない。

それだけ、それぞれの作品で強烈な印象を残してきた武田が、どのような黄門様を演じるのか。いやが上にも注目度は高まりそうだ。

(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト