ダルビッシュが愛用のプロテインを紹介!

キリン×ライザップのプロテイン飲料にダルがツッコミ

2017.03.19 SUN

噂のネット事件簿

ダルビッシュが紹介したプロテインが売り切れる通販サイトも出ているという ※この画像はサイトのスクリーンショットです(ダルビッシュ有オフィシャルブログより)
キリンビバレッジとライザップは3月14日、低糖質・プロテイン飲料「キリン ライザップ プロテインボトル」を3月28日に発売することを発表。この新商品に、レンジャーズのダルビッシュ有投手(30歳)がツッコミを入れたことが話題になっている。

同商品は、ライザップが提唱する体質改善用の食事メソッド「低糖質・高タンパク」を前提に、運動不足や生活習慣の乱れを気にかける人へ向けて、毎日の運動習慣を応援するというコンセプト。糖質は100ml当たり1.9gに抑え、5000mgのプロテインを配合。飲みづらさを払拭するためにピーチヨーグルトテイストに仕上げたという。

同商品の発表を受けて同日、ダルビッシュは自身のTwitterで「えぇ。。 プロテイン5g。。」と投稿しプロテイン配合量について言及。さらに、「もうちょっとしたら最高品質のプロテインをYouTubeでご紹介します!」と続けた。その数時間後には、「是非見てみてください。一番オススメのプロテインです」という発言とともに、「愛用のプロテインはこれです!!/ Yu Darvish」という動画をアップ。アスリートらしいプロテインへのこだわりを見せた。

ダルビッシュの一連の投稿にTwitterでは、

「表記で誤魔化している感じですね」
「5gを5000mgと書くのは必ずしも印象操作では無いんです ぴったり5gはできないので小数点以下を切り捨てたりするんですけど、どこで切るかで分量が大きく変わるんです」

と、g表示とmg表記が併用されていること言及したコメントが寄せられている。一方で、ダルビッシュがアップした動画に対しては、

「めちゃくちゃ勉強されてますね!聞き取りやすくてわかりやすいです!」
「何よりもプロテイン摂取のタイミングをアドバイス戴けて嬉しい限りです」
「現役メジャーリーガーがyoutubeを通して情報発信をしてくれるなんて、素晴らしい時代!」

と、称賛する声が上がっている。

動画のなかでダルビッシュは、トレーニングの後30分以内に30g、食事でタンパク質が足りないと感じる時に10g、寝る直前に30gと、かなりの量のプロテインを摂取することを紹介。プロ野球選手として体作りへのこだわりが明らかになった形だ。

ちなみに、この5gの数値を、食品の栄養素が一目でわかるサイト「カロリーSlism」でみてみると、タンパク質量で比較した場合、牛乳(200ml)6.8g、卵1個(60g)7.38g、納豆1パック(50g)8.25g、ささみ1本(43g)9.89gよりも少ない。

キリンビバレッジによると、同商品はプロテインの摂取理由が“体を鍛える層”から“健康志向層”に拡大している背景から生まれたもので、「いつもより速く歩くなどの、日常の軽い運動後のさまざまなシーン」を想定しているようだ。

運動不足の層に向けた商品とはいえ、多いとは言いがたいプロテイン量に、体作りに人一倍のこだわりを持つダルビッシュは黙ってはいられなかったのだろう。そのストイックかつ真摯な姿勢に、多くのユーザーが共感したようだ。

(山中一生)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト