新生活が始まる時期に迷惑? むしろ自己紹介に使える?

「ももいろクローバーZ駅」に衝撃「最寄り駅が…」

2017.03.31 FRI

噂のネット事件簿

「富士見市制施行45周年 東武東上線にももクロが登場だZ記念乗車券」も発売される ※この画像はサイトのスクリーンショットです(富士見市公式サイトより)
3月27日、東武鉄道は4月5日から5月7日までの期間限定で東上線ふじみ野駅東口の駅名看板を「ももいろクローバーZ駅」に変更すると発表した。これを受けてネットでは、通勤通学などで最寄り駅として同駅を利用するユーザーを中心に、困惑が広がっているようだ。

駅名看板の変更は人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」が4月8日と9日に実施するコンサート「ももクロ 春の一大事2017 in 富士見市」の開催を記念し実施される同社とのコラボレーション。

コンサートを盛り上げるべく、最寄り駅の一つである東上線ふじみ野駅にある駅名看板を変更することになったようだ。さらに、各メンバーの顔写真とカラーでデザインしたヘッドマークを掲出した50000型車両5編成の「ももクロ号」を池袋駅~小川町駅間で運行する。

この駅名変更にTwitterでは、

「最寄り駅がももいろクローバーZ駅になりました。ありがとうございました」
「これ早めのエイプリルフールじゃなくて? ここ最寄りの友人いるけど\(^o^)/」
「ももいろクローバーZ駅に変わるらしい…ちょっと恥ずかしいぜーっと!!!」

と最寄りとなったユーザーなどから衝撃を受けた声が上がっている。さらに、

「『最寄りどこ?』『も、ももいろクローバーZ駅、、、』」
「大学の自己紹介で最寄りはももいろクローバーZ駅って紹介できるのはいいけど相手が知らなかったらただの痛いやつだよな…」
「おい待て早まるな例えばさ、会社とかに提出するものに最寄り駅を書かなきゃいけないとき、『ももいろクローバーZ駅』って書くのかw」

と冗談を交えながらも、困惑している様子が伝わってくる。

同コンサートは、今年4月に迎える埼玉県富士見市制施行45周年の記念事業であるとともに、昨年5月に「富士見市PR大使」に委嘱されたメンバー・有安杏果の意向により実現。当日は東日本大震災で被害のあった宮城県東松島市の復興支援も行われる。

期間限定かつ駅構内の看板や車内放送などは変更しないとはいえ、新生活を控える時期のこの変更。最寄り駅が話題に上った場面を想定すると、複雑な心境になる人も多そうだ。

(山中一生)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト