楽器挫折者「虎の穴」?

あの楽器が弾けるようになる2泊3日の合宿ツアーとは!?

2004.09.02 THU

夏のロックフェス行きましたか? ステージでかっこよくキメるバンドを観ながら、「あー、おれも学生時代はギター買って練習したなあ。Fコードが押さえられなくて挫折したっけ」なんて感慨に耽った人もいるのでは。

そんなあなたには、日本旅行が主催する一風変わった旅行ツアー『楽器挫折者救済合宿in河口湖』をお勧めしたい。河口湖畔のスタジオ付き民宿で、レベルも嗜好もバラバラな参加者たちが習得したい楽器をひたすら練習するというこの企画。2泊3日の最終日には、参加者同士で組んだバンドで課題曲を演奏できるレベルまで上達させるというのだが、何か特別な秘伝でも?

「技術的な壁を回避してシンプルに演奏する方法はいくらでもあるんですよ。そんなところで挫折して、演奏する楽しみまでたどり着けないのはもったいない」と語るのは、指導講師で現役ミュージシャンでもある、きりばやしひろき氏(32歳)。

合宿に参加した吉森健陽さん(28歳)は言う。「高校の同級生の結婚式でやるバンドで、触ったこともないドラムをやってくれと言われて。合宿の特訓でなんとか間に合いましたが、今まで聴く専門だったのが演奏する楽しさを知ったことも大きかったです」。山田秀樹さん(58歳)は若いころにギター経験あり。仕事を半ば引退して仲間とハワイアンバンドを組んだのを機に申し込んだ。「仲間に聞いてもわからず、教則本にも書いてなくて、ずっと気になっていた疑問が解けたのが思わぬ収穫」。

夜の“宴会”では普通なら接点もない者同士が、音楽話から人生談義まで熱く語り合う。それが楽しくて何度も参加するリピーターもいるとか。最終日の発表会が終わると、多くの参加者、スタッフがなぜか半泣きになるというから、どうやら単なる楽器練習ツアーではないようだ。合宿では食事の配膳や後片付けも自分たちで行う。ふだんの生活を離れて汗くさい青春の日を思い出してみたい人は、一度体験してみてはどうだろう。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト