あの懐かしいゲームをネットでプレイ!

昔話までできちゃうサイト「なつゲー」ってなんだ?

2004.10.14 THU

このところ確実にヒートアップしている懐かしのゲーム市場。昨年のファミコン生誕20周年あたりからブームは目立って加速し、中古ゲームの価格が上がったり、復刻ゲームが続々とリリースされたり。コンビニ食玩や研究本にいたるまで、実に多様な展開を見せている。しかし、熱心なマニア向け商品が多く、手に入りにくいレアものゲームの値段が高騰するなど、なかなか“素人”が気軽に遊べる雰囲気ではなくなりつつあった。

そこに登場したのが「なつゲー」なるサイト。80年代に人気を博した名作ゲームをインターネット経由でパソコン上で楽しめる“ゲームコミュニティサイト”だ。NTTコミュニケーションズが運営し、ゲームを提供するのは、サン電子、ハドソン、タイトー、テクモなど人気ソフトハウスの数々。これは10月現在で、今後もゲーム提供企業は増えていきそうだ。

8月からのベータ版(テスト版のこと)には応募が殺到、急きょ追加枠を設定して募集をしたほどで、前評判は上々だった。人気の秘密は、懐かしいゲームを手軽にプレイできる点はもちろんだが、その他にもオンライン上で対戦・協力プレイが可能だったり、チャットや掲示板が充実しているなど、インターネットサイトという特性を活かしていることだろう。こうしたコミュニティ機能が1つのパッケージになっていることは、大きな可能性を秘めている。

「ゲームをするだけでなく、思い出のゲームについてチャットしたり、裏ワザを教えあったり、ゲームを軸とした新しい交流が生まれたら素晴らしいですね」(NTTコミュニケーションズ「なつゲー」事務局)

利用するには、まず無料の会員登録が必要。プレイ前にゲーム用通貨『ゴールド』を購入、そこから1ゲーム30円~80円相当のゴールドを支払って遊ぶ。この“段取り感覚”も、なぜかわくわくを増幅してくれるから不思議だ。ちなみに、今っぽく一定時間まで遊び放題の定額制コースもあり。秋の夜長はゲームざんまいだ!!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト