機能を見れば全然ベツモノ?

XマスプレゼントにするならPSPとDSのどっちが正解??

2004.12.02 THU

「早くどっちかに決めて!!」というママ(or彼女?)の怒声が、例年よりも高らかに鳴り響く今年のXマス商戦。その“原因”となっているのは、いうまでもなく話題の次世代ゲーム機「ニンテンドーDS(DS)」と「PSP(プレイステーション・ポータブル)」だ。果たして、どちらを選ぶべきか? 優柔不断なボーイズ&彼氏ーズのため、ここで両者をズバッと比較してみますと…。

まずは、まさに今週(12月2日)発売されたばかりのDSから。第1次TVゲーム世代には懐かしい、2画面タイプのゲーム&ウオッチをほうふつさせるデザインからも見て取れるように、そのコンセプトはあくまでも“ゲーム”。名前の由来ともなっている「ダブル・スクリーン」や、直接触ってキャラを動かす「タッチパネル」など、DSに採用された機能はすべて、ゲームを楽しむためのものとなっている。ファミコンの昔より「テレビゲームはあくまでも娯楽のひとつ」「常にこれまでにない斬新な切り口の遊びを提案する」という2点をコンセプトに据えてきた任天堂らしい、まさに“王道”のゲーム機といえるだろう。

対して、発売日(12月12日)でも価格でもDSに先手を打たれた感のあるPSPだが、幅広い年代層も視野に入れた宣伝戦略で、注目度では一歩リード。機能面を見ても、誰もが目を見張る美麗すぎる液晶画面でゲームが楽しめるほか、音楽ファイルや動画の再生にも対応するなど、最近ブームのiPodをしのぐマルチメディア端末としての魅力も武器となっている。PSPに関しては、ゲーム機という位置付けだがPSXと同様の“新世代家電”と捉えることもできるだろう。というわけで正直、コンセプト的にみれば両者はまったく異なる存在。対応するタイトルで選ぶ以外「どっちかに決める」なんてナンセンス、なのである。まぁ両方買うのが一番の解決策…なんて、お子様には知られちゃなりませんがね。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト