「巨人の星」がホントに巨人入り??

球界再編のヒント満載!!今こそ「野球マンガ」に学べ!!!

2005.02.10 THU

球団合併、選手VSフロントのバトルなど、世間的には盛り上がったものの、ファンにとっては嬉しくない話題が相次いだ、昨シーズンのプロ野球界。「苦あれば楽あり。今シーズンはきっといいことあるさ…」と、健気に互いを励ましあう野球ファンに、ちょっといい話題を提供しましょう。

ズバリ、星飛雄馬の巨人軍選手登録!!

「星っても、昨年のドラフトで入団が決まった星孝典(東北学院大)のことだろ(笑)」

じゃないんですよ、お兄さん! あの名作野球マンガ「巨人の星」の星飛雄馬の戦績が、OBとして実在の選手とともに選手名鑑に記載される、というニュースが一部スポーツ紙で報じられたのである。ファン離れの迷走ムードを一新しようと、巨人が今年から新設した“ファンサービス部”が考えているプラン、とのこと。R25編集部がファンクラブ事務局に確認したところ、「スタッフが世間話程度に披露したプランが、ニュースになってしまったんでしょう。少なくとも現在のところ、そういった予定はありません(キッパリ)」と、残念ながら否定されてしまったものの、やっぱりこれって夢のある話だと思いませんか? プロ野球に限らず、熱のあるマンガの存在が火種となってブームを起こし、次代のスター選手を育てたというのは、スポーツ界の定説。球界全体の振興を想えば、ベンチャー企業のみならず、ここはひとつドシドシと球漫界の名士参入を許すべきなのでは? ということで、独自にファンの民意を問うたところ、左記の結果が出ましたよ。そりゃもう「ドカベン」の圧勝。ファンの立場から、いち早く明訓ナインをプロ野球界に登用。新球団設立に関しても現実にさきがけ取り上げた、自他ともに認める宇宙一の野球バカこと、水島新司先生のまさに面目躍如。現実と空想の境界を越えたところにマンガの妙味があるならば、まさに野球マンガこそ王道。球界の今後を案じるアナタ、改革のヒントは名作野球マンガにあるに違いありませんぞ。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト