7月よりついにドラマ化!

芸能界の裏側をエグる問題作話題マンガ『はるか17』を読め!

2005.06.02 THU

地味でマジメでプライドが高く、就職できないエリート女子大生、宮前遙。彼女がやっとのことで内定をもらったのは、弱小芸能プロだった。しかしマネージャーとして就職したはずが、なぜか17歳のアイドル“はるか”としてデビューすることに…。芸能界で失敗を繰り返しながらも、才能に目覚め成長して行く、スッキリサワヤカなストーリー。現在『週刊モーニング』で連載中だ。

しかし、そのスッキリさとは裏腹に、業界関係者は「こんなコトまで描いていいの?」と目を丸くし、純粋なアイドルファンは目を覆うような暴露話も飛び出す。狡猾な引き抜き工作、キャスティングの出来レース、偽バストの作り方、ホントにあったアイドルの肉体営業(!)…そして、実際に存在する(らしい)強引なヤリ口が話題の某大手事務所や、加盟後には仕事もギャラもごっそり持っていかれる(タレントの肖像権や知的所有権も守っている)“組織”も登場させたりと、業界のタブーをザックリとエグる!

「芸能界を舞台にした作品を考えていた山崎先生と取材を重ねるうちに、知られざる真実が見えてきて。じゃあ、それも作品に取り入れようということになったんです」(『モーニング』副編集長・折橋氏)

でも、ここまで裏側をアバいて平気ですか? マンガに登場する某ゴリ押し事務所なんて…ヤバすぎでしょ?

「いやいや(笑)。でもたしかに、編集部に『“はるか”の担当の人います?』と電話が来るたびにおびえたりしてますよ(笑)。取材はしたけど描いたらマズイと、自重してることも多い。ただ、そんな世界で夢見るアイドルへの応援歌だということを忘れないでほしいですね」(同)

そして、7月より金曜ナイトドラマ枠でドラマ化が決定。はるかは、平山あやちゃんが演じる。業界のタブーに挑んでいる原作がどんなドラマになるのか? なにかの大きな力がかかってつぶされないことを祈ります。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト