振り付けの真島先生もCDデビュ~!!

“マツケン”現象発生1周年!!このブ~ムっていつまで続くの??

2005.07.07 THU

本誌創刊2号での紹介から、オ~レ、オ~レと1周年!! 健サマ宿願の紅白出演や2万人を動員した伝説の東京ドーム公演など、いまや巷に知らぬものなどない社会現象にまで成長した マツケン・ブ~ム。しかし、あの絢爛豪華な特濃ワ~ルドが、ここまでのロングヒットを続けている理由って、いったいどこにあるんでしょう? ということで、ブ~ムを陰から支えた“あの方”にズバリ伺ってみましたよ。

「イチバンの理由はやっぱり“歌と踊り”にあると思うんですよネ(ハート) 小さなお子様からお年寄りまで、男女問わず誰だって、歌って踊ればワクワクしちゃうじゃないですか! 聴くだけ、見るだけじゃなくって、自分も華やかな世界に参加できる、という楽しさがあるから、ここまでお客様に愛していただけたんじゃないかしら(ハート)」

と、満面の笑み(withダンシング!!)で語ってくださったのは“愛と踊りの伝道師”こと真島茂樹センセイ。振り付けやダンスの世界では、数々の実績で著名だったのですが、今回のマツケン・ブ~ムにより、そのキュ~トなキャラが世間にも発覚。今や、バラエティ番組で引っ張りダコとなっているほか、なんと! 今月21日には衝撃のCDデビュ~まで果たしちゃう、というんです。それにしても、真島センセイを筆頭に、どうして振り付けのセンセイには、ユニ~クなキャラの方が多いんでしょうかね?

「うぅん(はーと) 他人に左右されないで、自分の個性を出せる人が多いのは事実ですよね。他のタレントさんにはない“動き”を持っている、っていうのもあると思いますし。ボクなんて、日常生活まで含め人生全部“振り付き”で暮らしちゃってますからネ。はたから見ると、かなりキモチ悪いんじゃないかしら(ハート)(ハート)(笑withダンシング)」

やっぱり人をハッピーにする“踊り”の魅力が、一番の理由だと思いますよ。それにしても、ついに“ウラカタ”さんまで飛び出したマツケン・ブ~ム。いったい、どこまでイっちゃうのかしら?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト