「エウレカ」「ボーボボ」etc...

週末あさアニメがなんだか凄いかも!!

2005.07.14 THU

ううう。夕べ飲み過ぎた。もうアカン…。そんな混沌とした週末の朝。たまたまやってたアニメによって、さらに深い混沌に陥ったことはないだろうか。まったく意味はわからないが、問答無用で連打されるうち、かなり効いてくる超ハイテンションなギャグ『ボボボーボ・ボーボボ』。あるいは高品質な作画とスピーディな演出によって描かれるSFアクション『交響詩篇エウレカセブン』。なんだこりゃ? 凄ぇなあ、とか思ってるうち、週末の朝が楽しみになってたり。

現在、首都圏の地上波で放映されている土日の午前中のアニメは毎週10本以上。

「朝の時間帯はスポンサーが商品のターゲットを絞りやすいため、非常に人気がありますね。DVDソフト販売会社やゲーム会社、コミック出版社など、何社かでその枠を買い、有効な販促ツールとして活用しているという図式です」(某広告代理店社員)

そんな状況を象徴する番組のひとつが『エウレカセブン』だ。バンダイグループ各社を始め、ソニー・ミュージックエンタテインメント、角川書店など多くの企業が番組に関わる一大プロジェクト。

「本来のターゲット層は中高校生。しかしR25世代の方が観ても、どこか懐かしい作品としてお楽しみいただけるのでは。エウレカという少女を追って世界に飛び出した主人公が、理想と現実のギャップ、理不尽な出来事に直面する。2クール以降は、それに正面から向き合い、成長する姿を垣間見ることができるはずです」(株式会社バンダイ メディア部・稲垣さん)

なるほど。我々が観ても平気なんすね…。が、さすがに『ボーボボ』はお子様向け?

「現在の時間帯に移動してから、大人のファンが非常に増えています。R25読者の方も、とめどないボケとツッコミ、ぜひビジネスシーンでも活用していただきたい!」(東映アニメーション株式会社・企画部)

単なる“子供だまし”に終わらない作り手の気合いとパワーが、週末の朝を楽しくしてくれてるのだ。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト