エアギター2年連続世界4位!

で、つまり金剛地武志って何してる人なの?

2005.10.13 THU

ぼんやり見てたテレビに映った今年のエアギター世界大会の様子。これずっと前にレビューで取り上げたっけ。なんか日本人男性が4位だって。え、2年連続4位なんだ? あはは、バカだねー。ってあれ? なんかこの人、絶対見たことあんだけど…誰だっけ? もしかして、早朝どっかの地上波でやってる変なニュースのパロディみたいな番組のレポーターの人? すごいキレイなキャスターの女性に「コンゴーチィ!?」ってよく怒鳴られてる…。

なんて思ってたら、ご本人=金剛地武志さんが先日、インターネット上の放送局The Colortelevision Networkのリポーターとして、本誌編集部に取材に訪れた。で、さっそく逆取材することに。あのう、失礼なんですが、肩書きはいったい…?

「アーティスト、俳優、タレント、歌手、司会者、リポーター。それらすべての金剛地の活動が、いわばひとつの詩のような表現だと思ってもらえれば。ですから、私自身は自分を詩人だと思っています!!」

 あはは、またマジメな顔してそんなこと…いや、氏の経歴を知れば、あながち冗談じゃないかも? というのは、金剛地さんはもともとミュージシャン。「Yes, mama ok?」というギターポップ系バンドでちゃんとメジャーデビューもしてたのだという。ちなみに、ほぼ1人ですべてのパートを演奏してたらしい(笑)。

「もう一度、ちゃんと音楽をやってほしい、みたいなことを以前からのファンに言われることもあります。でも、逆に音楽ならいつでもできるという自信がある。だから、今は俳優・タレントとしての金剛地に集中している感じですね」

現在、伝説の番組『テレバイダー』の遺伝子(というかスタッフ+キャスト)を受け継ぐ『ザ・鈴木タイムラー』と『イグザンプラー』をはじめ、『所さんの 学校では教えてくれない そこんトコロ!』などに出演中。金剛地さん、10月18日で38歳を迎える。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト