土曜の午後はラジオが熱い!

みのvs久米vs小倉ガチンコバトルに注目!

2006.10.12 THU

中学時代、木曜深夜は正座でラジオを聴いていた。「ビートたけしのオールナイトニッポン」(ニッポン放送・81年~90年)。翌週の放送まで待てなくて、録音したカセットテープを何度も聴き返したあの日々。

でも、聴かなくなったなあ、ラジオ。と思っていたら“大事件”が勃発! 87年にスタートした「みのもんたのウィークエンドをつかまえろ」(文化放送・土曜13時~15時)のウラ番組に、「久米宏 ラジオなんですけど」(TBS)「小倉智昭のラジオサーキット」(ニッポン放送)が参戦。“お茶の間の顔”ともいえる大御所3人が、ラジオでガチンコ勝負というわけ。

さっそく、新規参戦の番組制作責任者に話を聞いてみた。まず、久米さんのTBS。

「みのさんと小倉さんのトークはテレビでも聞けるけど、久米さんはこの番組だけ。本人もかなり気合が入っていますよ」(中村健吾プロデューサー)。

続いて、小倉さんのニッポン放送。

「内容はトークと音楽エンターテインメント。洋邦今昔含めて、ふだんウチではかからなかったような曲もかける予定です。テレビとはまた別の顔を見られるはず」(瀬尾伊知郎プロデューサー)

一方、迎え撃つ文化放送は「特に内容を変えたりはしません。これを機にラジオ全体が盛り上がれば、とスタッフ間で話していますね」(糠川友彦チーフディレクター)

ちなみに、土曜の同時間帯における最新聴取率調査では、ニッポン放送1.7%、文化放送1.4%、TBSラジオ1.6%(06年8月~9月・ビデオリサーチ調べ)。今回のバトルで勢力図はどう変わるのか。

いずれにせよ、各番組の聴きどころはテレビではできない長尺トークだろう。ラジオに深くかかわってきた3人ならではの味をたっぷりと堪能したい。あ、そうそう、今回の取材でラジオ番組表をチェックしたところ、「えっ!? こんな大物芸能人が番組を持ってたの?」という発見がたくさんあった。ラジオ、熱いですよ。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト