元米副大統領ゴアのドキュメンタリー映画

映画『不都合な真実』公開環境問題キミならどうする?

2007.01.11 THU

4年ぶりに発生したエルニーニョ現象のため今年は暖冬だそう。この異常気象を招く要因はどうやら地球温暖化にあるそうで、結構深刻な事態らしいんです。本作は、地球の未来を脅かす地球温暖化に警鐘を鳴らす、1人の男のドキュメンタリー映画であります。

その男の名は元米副大統領アル・ゴア。彼が地球環境を強く意識したきっかけは、実はすごくプライベートなこと。89年に彼の息子が交通事故にあい奇跡的に命をとりとめたその時、愛する者に残すべき未来がこんな状態の地球でいいのかと愕然としたのだそう。そしてゴアは2000年の大統領選でブッシュに敗北する。打撃を受け、失意から立ち上がった彼は地球温暖化問題に自らの活路を見いだし、以来、米、欧州、アジアにおいて、ゆうに千回以上は環境問題のスライド講演を行っているんだとか!

本作によると、このまま温暖化が進めば、北極の氷はこの40年間で40%縮小し、今後50~70年で消滅する。また、ハリケーンなどの自然災害もますます増加し、環境破壊のせいで今後20万人もの難民たちが大移動するとも言われているのだ! しかし、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの削減を目指した京都議定書に、世界一の経済大国・米国はいまだ批准をしていない。

 そんな内部告発的内容が受け、本作は最優秀ドキュメンタリー映画賞を10本受賞(12/24現在)。まだ未公開の日本でも、すでに映画の評判を聞きつけたビジネスマンたちが、試写に大勢来場しているという。

「企業の環境問題を扱うCSR担当など、多くの企業の方にご覧いただき支持いただいています。各企業の社会的責任の中で環境問題にいかに取り組むかを検討したり、環境に優しい製品など新たに発生したニーズを1つのビジネスチャンスと捉えているようです」(メディアボックス・宣伝担当)

「地球温暖化で地球が破滅? ありえない…」と思ったあなたにこそ観てほしい。ゴア氏の語る驚愕の真実、あなたならどう判断する?


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト