キュートなルックスで人気上昇中!

現役女子高生プロ棋士、伊奈川愛菓とガチで勝負!

2007.01.18 THU



撮影/和氣淳
女子が活躍している分野は多々あるが、そのなかで最近注目を浴びているのが、盤上で熱い戦いを繰り広げる女流棋士だ。89年に誕生した女流棋士会は、昨年末に将棋連盟から自立を宣言! 2月末には早くも女流棋士との親睦会といったイベントが開催予定だ。

女流棋士のなかでもとくに注目を浴びているのが伊奈川愛菓ちゃん(15歳)。その清楚でキュートなルックスに加え、昨年10月にプロになったばかりの現役女子高生棋士ということで話題の女のコなのだ。そんなわけで、編集部からアマチュア初段の実力であるボクに「伊奈川愛菓ちゃんと勝負せよ!」との指令が下った。いくらプロといえども、女子高生に負けるもんかー!!

まずは、盤の前に対峙して、相手のしぐさをじっくりと観察。女子高生といえど非常に落ち着いていて、いまどきのギャルな感じは微塵もない。しかし、制服を着ているからなのか、初々しくて棋士が持つようなオーラは感じられない。これは勝てるかも!? と、甘い期待を抱きつつ対局開始。ところが駒を持つと、今までのキュートな笑顔は消えて、真剣な顔つきに。一手一手の厳しい手と力強い駒音にも圧倒されて、気がつけばこちらの「王将」は、すでにピンチ! その後、あっさりと詰まれて、「負けました」とわずか30分で投了。いやぁ、強いッス。そして、かわいいッス。でも、将棋というと男性のイメージがあるけれど、どうして将棋を始められたんですか?

「小学校4年生のときに、休み時間に先生が将棋を教えてくれたのが、覚えたきっかけです。それで、道場に通うようになって、プロになろうって思ったんです」

プロ棋士になるには、半年単位で行われる女流育成会のリーグ戦で2回優勝しなければならない。愛菓ちゃんは、道場でメキメキと実力をつけ、全国から将棋のプロを目指す猛者が集まる育成会のリーグ戦をわずか6期で突破。そりゃ、勝てないわ。だけど、愛菓ちゃんも女流棋士会もまだまだこれから。応援してますよ!


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト