君もいわば仮面ライダーだ!

新仮面ライダーは電車+桃太郎『電王』はとっても戦略的?

2007.01.18 THU

例年新番組がスタートするたび、なぜか本誌でお伝えしている平成仮面ライダー。それはとりもなおさず、「今年は鬼!?」「今年はライダー同士でバトルロワイヤル!?」等々、毎年ショッキングなネタをひっさげ、新ライダーが参上するからにほかなりません。

で、今年はと言いますと――桃太郎と電車をモチーフにした『仮面ライダー電王』です。ご覧の通り、仮面ライダーの特徴である大きな複眼が、桃がパカッと割れたような形になっていて、しかもその複眼の上端から触角が伸びてます。また、口のクラッシャー部や胸部には線路の意匠が施されていて…とデザインだけでも絶句ですが、さらにライダーなのに電車に乗るんです。

バンダイさん、なぜこんなライダーに?

「新ライダーは、東映さんと石森プロさんを中心に企画されていまして、弊社もモノ作りの視点からアイデアを出させていただいています。実は例年『電車』『昔話』というモチーフはあがっていたんですね。実際お子様に好きな乗り物のアンケートをとると必ず1番は『電車』ですし、『昔話』も普遍的に人気がありますしね」(ボーイズトイ事業部の原昇さん)

なるほど鉄板モチーフってわけですか。

さらに今回のライダーは、Suica状の「ライダーパス」をベルトにかざし、初の非接触変身をするとか。しかも変身サウンドは駅ホームの発車メロディ風(ちょっとさわやか)。このライダー、一見子供向けですが、鉄ちゃんも狙ってないッスか?

「結果的に鉄道ファンの方が興味を示してくれたらうれしいですね。ただそれよりも『仮面ライダー』は親子2世代ヒーローでもあるので、日ごろ非接触ICカードを使って電車で仕事に出かけているお父さんを、子供が『カッコいいな』と思ってくれたら大成功ですね」(前出・原さん)

今まさに駅でR25をゲットしたヤングパパに、今年は子供から尊敬される追い風が吹きそうです。実際毎日電車に乗って敵と戦ってるわけですからね!


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト