「みんなのうた」からヒット中

宇多田ヒカル『ぼくはくま』をR25男性合唱団で歌ってみました

2007.01.18 THU



撮影/富井昌弘
昨年の12月下旬、小誌編集部員5人がおもむろに集合した。どの顔も歌う気マンマンだ。いや、カラオケではない。「合唱」なんです。

話は昨年10月に遡る。NHKの「みんなのうた」を何気なく観ていると、妙に気になる歌が流れてきた。「ぼくはくま くま~くま~くま~」。どこかで聴いたことのある歌声は「クルマじゃないよ くま~くま~くま~」と続く。宇多田ヒカルだった。彼女がテディベアのぬいぐるみ(“くまちゃん”と命名)をプレゼントされたのをきっかけに生まれた、自身初の童謡作品だという。曲のタイトルは『ぼくはくま』。

ついでに同曲の公式サイトを覗いてみると、合唱コンテスト開催のお知らせが。最優秀賞の賞品は電子ピアノ。歌うか。『R25』男性合唱団を結成して。どうせなら最優秀賞を狙おうということで、ヤマハ「大人の音楽レッスン」ボーカル科講師の長谷川由里香さんに指導を乞うことした。

「まず、姿勢が大事なんですよ~。胸を張ってアゴはちょっと引きぎみに」

なるほど、こうですか?

「お腹の筋肉をフルに使うイメージで。あ、せっかくだからハモってみますか」

時間は1時間しかない。何度か合わせてすぐに本番へ。おっ、いいんじゃないの?

というわけで渾身の音源を締切日ギリギリに投函。なお、全応募作品は「ぼくはくま」公式サイト(www.toshiba-emi.co.jp/hikki/kuma/)「さくひんてんじしつ」で聴けます。「R25男性合唱団・東京都」のところをチェックしてみてください!

ちなみに、この曲のプロモーション方法は一風変わっている。

「テレビCMなどは打たず、全国の幼稚園や小学校など約5000校にCDを無料で配布。とにかくお子さんからの反響がすごいです」(東芝EMI制作部・梶 望さん)

梶さんによれば、気になる応募総数は83通(合唱部門のみ)。この号が配布されるころには結果も発表されているだろうか。くま~くま~くま~。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト