たった30分で絵が描ける!?

ボブ・ロス画法の風景画で僕の部屋の風景がっ…大変身!

2007.09.06 THU


小学校の図工の時間で絵を描いて以来、絵の具なんて使ったことがない人が多いはず。そんな人でも、信じられないほどきれいな油絵が描けるのをご存じですか?

90年代にNHK衛星放送で放送されていた番組『ボブの絵画教室』が、現在DVDで発売され再評価されているんです。実演を務めているのがアフロヘアとヒゲが特徴的なボブ・ロス氏。彼が優しい語り口で「簡単でしょ?」としゃべりながら、スイスイと簡単に30分間で風景画を完成させてしまうこの番組を見ていると、自分でも描けそうな気がするから不思議。早速、千葉県浦安市にある、日本におけるボブ・ロス画法の第一人者である多田光子さんが教えるワークショップの教室に行ってきました! 本当にド素人でも素敵な油絵を完成させることができるんですか?

「大丈夫です!“絵を描きたい!”という意欲の強い人ほど、上手に描くことができると思いますよ。“自分は書けない”という思い込みを払拭するのがボブ・ロスの教えなんです。ただし、あくまでも番組のボブ・ロスは30分というパフォーマンスを披露していますが、初めての方は3時間かかります」(同)

分かりました。それでは、体験スタート! およそ10年ぶりに筆を握りしめ、まずは下塗りを開始。うう、楽しい。通常の油絵は塗っては乾かすという作業を繰り返すので時間がかかるのに対し、ボブ・ロス画法ではウェット・オン・ウェットと呼ばれる技法で、下塗りをすることにより、短時間で作品を仕上げられるんだとか。

先生の指導を受け、描き始めてから約3時間…ついに、“灼熱の砂漠”をテーマにした油絵が完成。絵心ゼロの僕でも、かなりいい感じに仕上がりました。自宅に飾ってみると、窓を眺めるだけで、秋っぽい砂漠の風景がそこに(あるように見える!)。

油絵なんて興味のないという人ほど、楽しく描けること間違いなし! 皆さんも自作の油絵を部屋に飾って、室内の雰囲気を一新させてみては?


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト