監督が主人公のサッカー漫画

『ジャイアント・キリング』がサッカー漫画の新機軸になる!?

2008.02.21 THU

“ジャイアント・キリング”とは、サッカーの世界で、格下のチームが格上のチームを倒す“大番狂わせ”のこと。そんなタイトルが冠されたこの漫画は、これまでのサッカー漫画とは一線を画している。まず、主人公はスタープレイヤーではなく、弱小チームの新人監督。この設定だけで思わずニヤリな人も多いはず。ストーリーを説明すると、元サッカー選手の「達海 猛」がJリーグで低迷する古巣チーム「イースト・トーキョー・ユナイテッド(ETU)」の監督に就任する。トラブルが頻発するなか“ジャイアント・キリング”を信条とする達海がサッカー界に旋風を巻き起こすというもの。 

そもそも、なぜ主人公が選手ではなく監督なのだろうか? 『モーニング』担当編集者のひとり、宍倉立哉さんに聞いた。

「監督には多くの人間が所属するチームを束ねる責任があり、うまく束ねられたチームは強いチームになっていきます。そこで、監督を描くことで会社における組織とリーダーの関係に重ねられたら、ビジネスマンにも響くのでは、と考えたのが一因です」

たしかに、監督をプロジェクトリーダーとすると、選手はその部下ということになる。プロジェクトの成否はリーダーの統率力次第。そう考えると、サッカー監督もより身近に感じられる。

ところで、実際に監督の視点からこの漫画を読むとどう感じるのか気になるところ。そこで、FC東京や浦和レッズで監督を務めた原 博実さんにお話を伺った。

「細かいところまで描かれていておもしろかったですね。ETUみたいに勝てない時期が続くと、本当にいろいろ言われるんで(笑)。あと、達海監督は強い心を持っていて、勝っても負けても監督っていう立場を楽しんでいるのも良かった。そこは、監督として重要なポイントですから」

元監督も認めるほど、監督の厳しさとおもしろさを楽しめる『ジャイアント・キリング』。サッカー漫画の新機軸として、今後の展開に注目だ。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト