真の入り口を探す旅

無料H動画クエストその攻略法はあるか?

2007.10.05 FRI


以前は、だましリンクからダイヤルQ2や国際電話につなげる詐欺が多かったが、2001年4月のダイヤルQ2規制、それに前後したブロードバンド時代の到来で、アダルトサイトからだましリンクが激減した イラスト:つるけんたろう
秋の夜長に用もなければ、やるこたひとつ。普段なかなか時間が取れずに深追いしきれなかった、無料H動画を巡るロマンティックなクエストに出かけたくなりませんか?

しかし、我々勇者の行く手を阻むのは、「当サイトにはアダルトコンテンツが含まれております。18歳未満の方はブラウザを閉じて速やかにご退場ください」というおふれ書き。しかしそこには「入口」「入場する」「入室します」「Enter」「18歳以上です」といった“まやかしの扉”たちが。

いったいどれが本当の入り口なのかわからない…。

でもそれ、ひと昔の話。

実際入り口まで行くと実感できるかと思いますが、現在は扉ページのまやかしリンクは減少傾向にあります。

もちろん例外はあるんですが、入口のパターンは大きく分けて2つ。ひとつがいにしえより続く、扉ページの最深部にあるパターン。もうひとつが、扉ページ最深部に入口があると見せかけて、少し戻ったページ中間やページ右側に本当の入口があるパターンです。

問題は敵地に潜入できてから。どこかにあるはずの「本日の無料動画」、その動画ファイルの保管庫(ページへのリンク)を見つけることの方が難しいのです。

と、その前に。

みなさんどうやって無料H動画を探索していますか? もしかしてYahoo!やGoogleに好みの姫の名前や、動画の希望シチュエーションを入力して検索してたりしませんか? でも、それだと有料動画までヒットしちゃいますよね。

日常的にH動画を楽しんでいる猛者ならまず、その日に更新された動画を網羅したポータルサイトを訪れることでしょう。ここに掲載されているサムネイル画像と案内文をもとに、見たい動画を求めて各アダルトサイトへ旅立つのです。

つまり、

(1)アダルトポータルサイト

(2)各アダルトサイトの扉ページ

(3)各アダルトサイトの本ページ ←今ココ

(4)動画ファイル置き場のページ

という流れでお宝を探すわけですが、ここでいつも迷子になっちゃうんですよね…。確実にお宝にありつけるウルテクないですかね?

「RSS配信しているサイトであれば簡単です」とのお導きをいただいた賢者は、アダルトコンテンツに造詣が深いライターの下関マグロさん。RSSとはWebサイトの情報が簡単にまとめたもの(詳しくはリンク先で)。

「まずはYahoo!でもライブドアでもなんでもいいから、RSSリーダーをひとつエロ専用に用意して、そこに好みのサイトをどんどん登録します。するとニュースみたいに動画ファイルの更新情報とリンクが送られてくるから、それをクリックするだけ」

必ずしてもすべてのサイトがRSS配信しているわけではなさそうなのですが、なかなか使える手です。エロ2.0的。

しかしながら、日々進化するアダルトサイト。新たな罠リンクが仕掛けられたり、メールアドレスを登録させたり、と新たな試練が立ち向かってくるやもしれません。でもかえってそれが勇者の士気をふるわせて…。

というわけで、ちゃんとアンチウイルスソフトを導入する、むやみに個人情報を登録しないなど…しっかりとした装備を整えていくうちに、自然とIT経験値もアップしちゃうかもね。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト