鉄ドルから孫ドルまで

「孫ドル」と一緒に巣鴨に行きつつ、2007年の「○○ドル」ブームをおさらい

2007.12.14 FRI


巣鴨で知り合った太田さん(79歳)に甘栗を食べさせてあげる孫ドル、陽佳ちゃん。ちなみに、この取材の過程で彼女が話を聞いたもうひとりのおじいちゃん(78歳)と太田さんの間では、「同い年?(生まれは)4年? 5年?」というやり取りが重ねられていました 撮影:朝倉達也
鉄に、麺に、オタに、樽。

一見、何の脈絡もないこれらは、すべてアイドルのジャンルを表す言葉である。何かのジャンルに特化した「○○アイドル」のことを略して、○○ドルと呼ぶのが、ここ数年のトレンドだ。なかでも、今年は特に○○ドルブームに拍車がかかった1年となった。

例を挙げると、「鉄ドル(鉄道アイドル)」=木村裕子、「麺ドル(ラーメンアイドル)」=荻堂れいか、「食いドル(大食いアイドル)」=宇都宮まき、などに加え、これまでには、「オタドル」(喜屋武ちあき、など)や、類家明日香に代表される「樽ドル(樽型アイドル)」なども誕生している(秋山莉奈などは「尻ドル」と呼ばれる場合もある)。

そんな○○ドルを探すなか、思わず記者の目に留まったのが、「孫ドル」=(グラビアアイドル陽佳)。最初見たとき、思わずソフトバンクの孫さんがつくった新しい通貨かと思いましたが、これ、「そんドル」ではなく、「まごドル」と読むんですね…。

なんでも「高齢化社会が進む日本で、すべてのおじいちゃん、おばあちゃんの孫的存在になるべく『孫ドル』として活動していく」そうなのですが、その活動の真意に迫るべく、孫ドルを名乗る陽佳ちゃんと一緒に“お年寄りの原宿”巣鴨に行ってみました。一体、そこで彼女はどんな孫ドルっぷりを見せてくれるのか!?

お年寄りが絶え間なく行き交う巣鴨のとげ抜き地蔵周辺で、お年寄りに「すいませーん、ちょっとお話聞かせてもらってもいいですか?」と、声をかける陽佳ちゃん。横で見ていると、最初は警戒していたお年寄りも、彼女の持つ不思議なオーラに癒やされるのか、いつの間にか笑顔になって会話が弾んでいます。う~ん…孫ドル、おそるべし! 数人のお年寄りとやり取りを交わした後の彼女に、孫ドルとしての活動について聞いてみた。

「私、もともと話を聞くのが好きなんですよ。それも何か、悟ったような人の話を聞くのが好きで…。特におじいちゃんとかって、ちょっと若者とは違った物事の見方をするじゃないですか。そういうところも面白いし、いろんな経験を積んでるから、ためになる話が多いんですよね。今日、話した方たちとの年齢差? 私が23歳で、あちらが78歳とかだったから…半世紀以上(笑)。でも、私は年上が好きだし、男性として見れますよ全然」

と、驚きの発言! そんな陽佳ちゃんに今後の抱負を聞いた。

「私がお年寄りたちに話を聞くことで、お年寄りと接する機会のない若い人たちに伝えられることとか、私たちが忘れちゃいけないことを伝えていければなと思います。あとは私と話すことで、癒やされたり、元気になっていただければうれしいです」

癒やし系の笑顔でそう話す彼女を見ていて、このコンセプトも意外にありかもなぁと思ったのでした。○○ドル、2008年も奥の深い新手が現れるかも?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト