笑いのためなら命も懸ける? エガちゃんに直撃取材!

『江頭2:50のピーピーピーするぞ!!』気になる「ピー」の裏側を聞いてきた

2008.02.08 FRI


「俺の場合、テレビとかラジオだってことで、やることに境界線を作れないからなぁ…。それでも、そのままやらせてくれる人はいるんだよ」と、エガちゃん 撮影/山形健司
「1クールのレギュラーより1回の伝説」をモットーに、過去にはトルコの民衆3000人の前で、全裸になってお尻にでんでん太鼓を差して逮捕されたり(罰金75円で釈放)、テレビ番組の企画で4分以上潜水→失神して死にかけるなど、数々の伝説を残してきたスリル芸人、エガちゃんこと江頭2:50。

体当たり暴走キャラというイメージが強い彼だが、06年8月からTOKYO FMの動画配信サイトで、トーク番組『江頭2:50のピーピーピーするぞ!!』(本文下のConnectLink参照)をスタート! オススメ映画の1シーンを見事な演技力で自己再現するなど、ひと味ちがう一面を見せている。

といっても過激な芸風はそのままに、ネット番組でもやっぱりアブない話題がいっぱい! 危険なワードは「ピー音」で隠され、番組中にはアソコがモロ出しになるようなハプニングもあり、ネット上で話題になっている。しかし、やはり気になるのはピーの裏側。

いったい何が語られているのか。エガちゃん本人に聞いてみた!

「俺さぁ、恥ずかしくて自分の番組はまったく見ないんだよ。だからどこがピーになってるか、全然わからないんだよなぁ…」

じゃあ、前に北朝鮮に行ったときのお話をしていた回で、「ピー」が途切れなかったけれど、あの時は何を?

「あれは…北朝鮮に遊びに行った時に(ピーーー!!!)例えば…(ピーーーーーーー!!!)」

わーー! 聞いといて、ごめんなさい!!  R25.jp的にも、危なすぎて「ピー」入れちゃいました。それにしても、いつも危ないコトばかりしてません?

「単純に笑わせたいだけなんだよぉ! そのためなら何をしてもいいなぁ…。笑ってくれるならって、トルコだって北朝鮮だって行ったよ! 技術だって、どんどん磨いているぜ!! 例えば俺、(ピー!)から、キレイな水をピューって、部屋のはじからはじまで飛ばして虹が出るんだぜ! もっと言うと、笑ってもらえるならハゲにだってなるよ! 笑ってもらうのって、ほんとうに気持ちがいいぜぇー。脳内麻薬がドッバドバ! 初めて舞台でウケた時なんか、1ヵ月(ピー!)しなくてよかったもんなぁ…」

ピー音を鳴らしまくりながらも「俺は死ぬまで変わらないよぉ!」と語るエガちゃん。「ピー」の裏側には、笑いのためなら命も懸けるエガちゃんの芸人魂があった。
(村野芽衣/shortcut)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト