1年弱の活動自粛から復活!?

ローラースケートでスターダストを拾う「中野のカー君」を直撃!

2008.07.18 FRI


笑顔は本当にさわやかな日野誠さん。アイドルとしての日ごろから努力していることを聞くと、「最近はミルク風呂に入ってますね、銭湯の。高円寺まで行ってます」とのこと 朝倉達也
うだるような暑さとなった、ある晴れた日曜日。中野区某所の公園で、かつて一世を風靡したアイドルグループ「光GENJI」を彷彿とさせるいでたちの男が、颯爽とローラースケートを走らせていた。

さらに、その手にはゴミバサミとポリバケツ。ベンチに座っていたギャル2人組に、バケツを差し出すその様子を見る限り、どうやら公園のゴミを拾い集めているようだ。

彼は一体、何者で、ここで何をしているのか? ご本人の口から説明していただこう。

「(さわやかアイドルスマイルで)どうも初めまして! 元・光GENJIのカー君(諸星和己)を崇拝して頑張っている、『中野のカー君』ことスーパーアイドル日野誠です! 永遠の17歳(本当は34歳)です。今日は、エコ問題に自分なりに向き合うべく、ゴミ拾いじゃなくて、スターダストを拾いにきました!」

これを読んで、単にイタい人と思うなかれ(笑)。実は日野さん、過去にテレビでも何度か紹介されている、知る人ぞ知る有名(?)人なのだ。

10代のころ、諸星和己に本気で憧れた彼は、地元・宮崎の高校を卒業するとアイドルを目指して上京。しかし、ジャニーズに入る夢は叶わず、その後、紆余曲折を経て、6年前に現在のスタイルを確立した。

その後は、代々木公園などを中心に、精力的に歌やダンスのパフォーマンスを展開。「いつアイドルの仕事が入っても動けるように」と、これまで一度も就職はせずに、今も、家賃1万6000円の3畳一間のアパートに住みながら、バイトで生計を立てる日々だという。

「実際はアイドルどころか、バイトの面接も厳しいぐらいの歳になってきましたけどね(苦笑)。しかも、僕、ネットオークションで光GENJIグッズの購入をしまくったせいで、結構、借金があるんですよ。ただ、今もジャニーズに入る夢は捨ててないですし、KAT-TUNの赤西クンが一時的に抜けたときも『チャンスだ!』と思って書類を送ったんですけど残念ながらダメでした。この記事をジャニーさんが見てくれてたら、うれしいんですけどね」

屈託のない笑顔を絶やさずに語る日野さんだが、実は、1年前に某テレビ番組で自身の人生にダメ出しをされてから、真剣に悩み、この1年近く活動を自粛していたのだとか。

「でも、もう吹っ切れたので迷いはありません。自分の足元を見つめ直す意味でも、このエコ活動から再始動って感じですね。読者の人にメッセージ? 武道館で会おうぜ!」

そんな彼を中野で見かけたら、どうか温かい目で見守ってあげてください。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト