秋葉原文化考

第2回 “アキバ名物”を探し歩いてみた!

2009.01.15 THU

秋葉原文化考

---------
私は九州に住んでいますが、
都内に住んでいる友人を訪ねる度、
その街の変化の早さには毎回驚かされます。

先月、1年ぶりに秋葉原を訪れたのですが、
どこか、以前街じゅうにみなぎっていた
バイタリティのようなものが薄れてきていて、
2004年頃のアキバブームが始まった頃から数年間続いた、
ひとつの時代が終わったのではないかと思わされてしまいました。

(中略)

渋カジブームで一旦注目され、
それからしばらく間をおいて、
「失われた10年」に渋谷が急発展したことを考えると、
秋葉原も何か新しいものを生み出せるかもと期待してしまいます。
そして、これからも秋葉原の持つポテンシャルに期待しています。
---------

投稿者:「URBAN」さん(22歳/男性/福岡県)

なるほど。
URBANさんは、何か時代が変わったような
雰囲気を感じられたわけですね。

しかしそれでも、
秋葉原には何かを期待してしまうような
魅力があるようです。

秋葉原は、
電気製品を安く買えることだけでなく、
マンガ・アニメなどのカルチャーの発信源として、
また、観光地としての人気も高まっています。

観光地と言えば、
気になるのはその土地特有のお土産。

国内旅行にいった人から、
「白い恋人」や「東京ばな奈」とかをもらうと、
少し嬉しくなっちゃいますよね。

そこで今回は、
お土産にも最適なアキバ名物を探して、
秋葉原をウロウロしてみました。

自分が買って嬉しい、
他人にあげて喜ばれる、
そんないいアイテムはあるでしょうか!?
メイドがいるお土産屋さん「メイド倶楽部」の店員さん。このお店って「冥土(メイド)のみやげ」ってダジャレで始めたんですか? と聞くと「そうじゃないんですよ。そう思われがちなんですが(笑)」とのこと

お土産にもなるアキバ名物は?メイドがいるお土産屋さんへGO!



先日、秋葉原に友人を連れて行ったときのこと。

「アキバらしいお土産を買えるところを教えてよ」

はて? 秋葉原らしいお土産は、どこで買えるんでしょう。改めて考えると、よく知りません。ですがここは世界の観光地・秋葉原。きっといいアキバ名物が売っているはずです。そこで今回は、職場でみんなに配れるようなアキバ名物を探し歩いてみました。

まず訪れたのは秋葉原駅前に看板が輝くラジオ会館。1階にある「ホビーショップコトブキヤ」では、フィギュアやTシャツ、アニメグッズなどのほかに、お菓子やおでん缶などの、秋葉原のお土産コーナーが設置されていて、種類が充実しています。

なかでも、まず目に付いたのは麻生総理をキャラクター化したお菓子「太郎ちゃんの牛乳カステラ」や、石破農水相をモチーフにした「希望戦士イシダム」など。特に「イシダム」のイラストは、某モビルスーツの顔部分が石破大臣になったようなデザインで、強烈なインパクトがあります。

同じコーナーで、「ツンデレクッキー」なる商品を発見。なんでも、12枚入りのクッキーのうち、10枚が辛く、2枚が甘いクッキーなんだとか。それを眺めていたお客さんたちは

「ほーお。ツンデレクッキーとな」
「12枚のうち10枚が激辛クッキーなんだって」
「相当なツンだね」
「その分デレが貴重だよね」
「割合で言えばツンツンツンツンツンデレ、だからね。ウンそれもいいね」

と、しっかり食いついていました。ツンデレの意味がわかる方へのお土産としては、アリだと思います。

さらにアキバ名物を求めて街をぶらついていると、「メイドがいるお土産屋さん」なるカンバンを発見! 早速入ってみました。

「お帰りなさいませ、ご主人様!」

入るなり、メイド服姿の店員さんが迎えてくれます。早速取材を敢行。人気のあるアキバ土産ってどれですか?

「そうですね、メイドがプリントされたクッキーの『メイドクッキー』や、当店オリジナルの限定商品『秋葉原のメイドさんに会ってきました』というクッキーなどが人気です。やはり、秋葉原のお土産であることがわかりやすいものが喜ばれるみたいですね」(「メイド倶楽部」店員のメイドさん)

メイド服を着た秋葉原限定の御当地キューピーちゃんも人気の商品だそう。お土産は「わかりやすさ」で選ぶといいんですね。

アキバ名物を探して秋葉原をぶらついてみましたが、改めて見ると、意外とお土産の種類が豊富なことに驚かされました。ショップの店員さんに聞いたところ、秋葉原を訪れる観光客が増えるにつれて、売り出される商品の種類も増えていったのだそう。政治家をモチーフにしたお菓子や、「メイドクッキー」に「アキバナナ」、「メイドカレー」など、わかりやすくアキバらしさを出そうとした、変わった商品ばかりで、眺めているだけでも楽しめました。秋葉原を訪れた際はアキバ名物を求めて街をさまよい歩くのも、楽しいと思いますよ!
秋葉原に並ぶ大藤の商品。「希望戦士イシダム」は、ガンプラ風のパッケージに、モビルスーツ風の石破農水相が。「次は“痛車”などの“痛い”をひとつテーマに企画を考えたいが、この“痛い”をわかりやすく表現するのが難しい」(大久保さん)とのこと

政治家土産や“ダンボール肉まん”で有名なあの「大藤」に新商品を提案してみた!



秋葉原に並ぶ、政治家キャラクターがモチーフになっているちょっと変わったお土産の数々。

メイド柄がプリントされた「メイドクッキー」なる直球勝負な秋葉原土産もあれば、昨年は「ダンボール肉まん」が販売され話題を呼びました。これらの商品を売っている会社の名は「大藤」。一体どんな会社なんでしょ? 早速取材に行ってきました!

なぜ秋葉原でこんな製品を販売しているんですか?

「やはり秋葉原では面白いものが売れますから、ただのお菓子会社ではない当社の強みが生かせるのではないかと思います。特に、アキバ土産=大藤とイメージがついたのは、秋葉原で麻生さんの人気が出て、弊社で麻生さんをモチーフにしたお土産を売り始めた頃からです」(株式会社大藤・大久保智文さん)

元々は全国の観光地のお土産を作るお菓子会社だった大藤さん。しかし、小泉フィーバーのときに「純ちゃんまんじゅう」を発売し、その後の『晋ちゃんまんじゅう』を発売。これが55万箱を売り上げるなど大ヒット。以来、政治家お土産シリーズを作り続けています。

「政治家シリーズ以外にもお土産を作っているんですが、しかし最近はネタ切れで。新ネタ・企画の提案は大歓迎です!」(同)

そこで、夜なべして考えた新商品を企画提案! こんな商品いかがでしょ?

【政治ネタ】
「包装紙やお菓子の包み紙が漢字テストに! 太郎ちゃんの漢字テストまんじゅう」
「口の中でバラバラほどける! 解散チョコクランチ」

【キャラもの】
「回転厳禁!? 初音ミクのネギせんべい」
「日本酒作りで大量に出る酒かすを有効利用! 『もやしもん』酒かすクッキー」

【外国人観光客向け】
「中身が出る! ハラキリ饅頭」
「手裏剣の形! ニンジャクッキー」

ど、どうでしょうか?(ハラハラ)

「うーん、とてもマジメに考えられていますね。どれもいいんですが、もっとむちゃくちゃな、いい意味での非常識さが欲しいですね。包装が漢字テストになっているのも面白いとは思いますが、人を揶揄したり貶めたりするものはNGです。既存のキャラものは売れる期間が短いですし、外国人はお土産を買って配るという習慣があまりないので、外国人客向けの商品は、難しいですね」(同)

ボツ、ボツ、そしてボツ。予想以上に厳しい結果に。やはり新商品開発は難しく、社内会議でも多数のネタが出されては消えていくのだそう。

「ですが、この『酒かすクッキー』はいいですね。他で不要になるような副産物を、うまく利用して新商品を作る、こういった工夫が新商品開発の醍醐味だと思います。無理にキャラクターを使わなくても、日本酒メーカーの協力が得られればあるいは?」(同)

おお、一筋の光明が! いつか『酒かすクッキー』が秋葉原に並ぶ日が来るかも? 大藤のホームページでは、いつでも新企画を募集しているそう。あなたも新商品の企画を考えて送ってみては? というわけで、
秋葉原の街を歩きアキバ名物を探し求め、
さらには一風変わったお土産をまじめに作る会社「大藤」を訪れ、
新企画を提案してみたりしました。

お土産ひとつとっても普通のものはなく、
やはり変な、他ではあまり見られないものが
並んでいるのが秋葉原の面白いところです。

「秋葉原に来る人は、
『秋葉原に来れば何か新しい、面白いものが落ちている』
と思って、秋葉原を訪れます。
ですから当社は、秋葉原で面白いお土産を売りたいんです」

という大藤の大久保さんの言葉が印象的でした。

秋葉原から続々新しいものが生み出され、
面白い街になっているのは、
こういった「秋葉原を面白くしよう」
という人たちの思いが集まっているからなのかもしれません。

アキバカルチャーや秋葉原の街に、
気になる場所、不思議なこと、オススメの情報、
自分しか知らないアキバ名物、Etcがありましたら、
どんどんお便りくださいね!
ワタクシ堅田が取材調査して皆様のフシギ・ギモンを解決いたしますよ!



次回は「秋葉原はなぜオタクの聖地になったのか?」について調査します!

メイド倶楽部

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト