秋葉原文化考

第8回 再開発でアキバは変わったのか?

2009.04.09 THU

秋葉原文化考

---------
はじめまして。

私もサブカルチャーが好きで、秋葉原にはよく足を運びます。

そしてこの街は一種独特の町を形成していると感じています。

昨今は都市計画とともに、
近代高層ビルが続々と建設されているようですが、
下町風情を残した老舗や、
ジャンク系ショップの共存図式がまた面白くもあります。
(以下略)
---------

投稿者:ツンデレ萌さん(茨城県/33歳/男性)

駅前の再開発地区の近代的ビルもありながら、
路地裏のさびれたラーメン店や、
小さなパーツショップが並ぶコントラストも、
秋葉原の面白いところですよね。

ところで、その再開発って、
一体どうして行われたんでしょう?

というわけで、今回は秋葉原再開発について調べてきました!

再開発で(たぶん)住みやすくなった秋葉原の、
住宅事情も調べてきましたよ。
条件が合うならこの際、住んじゃう!?
秋葉原再開発の象徴的な建物・秋葉原UDX。中にはオフィスのほか、イベントスペースや土産物店もある

“秋葉原再開発”でアキバは何が変わったの?



ショッピングビルのアキバ・トリムやヨドバシカメラ、つくばエクスプレスの秋葉原駅。

全面ガラス張りのカーテンウォールが印象的な高層ビル・ダイビルと秋葉原UDXがあったりと、このあたりはいわゆる秋葉原再開発によってきれいになった場所なんですが、そもそもその秋葉原再開発って、何のために行われたんでしょうか? 千代田区まちづくり推進部都市計画課長の山口正紀さんにお聞きしました。

「かつて、秋葉原駅の東側には旧国鉄の貨物駅舎が、そして西側には神田(青果)市場がありました。しかし貨物駅舎は昭和50年に廃止になり、神田市場も平成元年に移転しました。これにより、駅前の一等地に約6ヘクタールもの広大な用地が生まれたのです。これほどの大規模用地ですから、開発の仕方によっては街の発展に大きな影響を及ぼします。そこで、まちづくりの方向性を話し合うために、2002年4月から地元の住民や商店街、開発事業者、行政の3者がひとつのテーブルにつき、通称Aテーブルという協議会を立ち上げ、この用地の使い道について議論を始めました」

地元の意向も踏まえながら、都と区は秋葉原を情報や技術を発信できる世界最先端の街にしようという計画を立案。秋葉原UDXやダイビルの建設、またその中の産官学連携施設などの創設といったアウトラインがつくられました。

また、つくばエクスプレス開通にあわせ、JR秋葉原駅に新しく中央改札口が作られたり、改札内に広いコンコースが作られたり、バリアフリー化が行われています。再開発計画は、ヨドバシカメラやつくばエクスプレスが開業した平成17年ごろをピークとして、現在はほぼ完成しているのだそう。

再開発の結果、就業人数が2万4000人程度増えました。またそれに伴ってレストランや買い物をするお店などもでき、JR秋葉原駅の乗客数は1日20万人を超え、乗客数の多い駅としてJR東日本管内でもトップ10に名を連ねるようになったのだとか。再開発によって秋葉原は変わってしまったのでしょうか?

「変わるというより、世界的にも有名な電気パーツやオーディオなどの電気街、アニメや漫画のサブカルチャーの街に加え、最先端企業のオフィスや研究所など、ITを核とした先端技術やビジネスが集積する街としての新たな機能が加わりました。新しくビジネス街という面が加わり、多層的に共存していくのだと思います」

なるほど。確かに現在、再開発区域外でもオフィスビルが建設されたりしています。秋葉原にビジネスという新しい魅力を付け加える再開発だったんですね!

アキバに住むにはいくらかかる?秋葉原の住宅事情を調べてみた!




エイブルホームページから見ることのできる、賃貸物件の数(3月31日現在)。中央通りや電気街のあたりには少ないが(画像上)、昭和通りか万世橋を渡ればその数は増える(画像下)
電気街として名高い秋葉原。

しかし、近年では再開発にともなって駅前はすっかりきれいになり、レストランやショッピングビルも建ったりしています。そんな再開発の状況を考えていて、ふと思ったのが秋葉原って住んでみると意外と便利なのでは?ということ。

なにしろ山手線と総武線の乗り換え駅でもある秋葉原は交通の便はいいし、夜は夜で電気街のネオンが見えて夜景もきれい(なハズ)! でも実際暮らすには、秋葉原ってどうなんでしょ?

秋葉原の住宅事情に詳しい、エイブル秋葉原北口店の開原宏冶店長にいろいろと伺ってきました!

「単身男性の場合、1Kで6~8畳、バス・トイレ別の物件を借りて住まれる方が多いですね。家賃は東京都の中でも割高で、安い部屋でも7~8万円台から。駅に近い、設備の整った部屋では、1Kのお部屋でも13~14万円しますね。なにしろこのあたりは駐車場でも4~5万円はしますからね。でも家賃が高い分、新しい建物も多く、きれいな部屋ばかりですのでオススメですよ。再開発でスーパーやコンビニも増えましたしね」

やはり山手線の駅が最寄り駅だと、それくらいの値段になってしまいますよね。実際に秋葉原近辺に住んでいる方は、秋葉原や神田で仕事をするサラリーマンだったり、それなりに収入がある方が多いそう。大学が近くにあまりなく、学生が少ないことも家賃が高い一因なのだとか。ええと、そのもう少し家賃が安い部屋はないですかね?

「場所にもよりますね。秋葉原駅を出て昭和通りを渡るか、万世橋を渡った神田寄りのところまでいけば、部屋の数も多くなりますし、いい条件のところも増えますよ。このあたりでしたらまだ秋葉原まで徒歩圏内というか、自転車で十分通える距離です。さらに地下鉄で少し下れば、ずいぶんと変わってきますよ。そこは気合でカバーするということで(笑)。ちょっと秋葉原からは遠くなってしまいますが、浅草橋や岩本町なら自転車圏内ではないでしょうか」

ううむ、いわゆる秋葉原的イメージのある電気街や中央通り沿いには、そもそも賃貸のアパートやマンションの物件が少ないみたい。学生街など他の街の物件に比べると、やはりどうしても手狭で割高になってしまいます。オタクな自分としてはアキバに住むのは夢ではあるけれど、家賃が高かったり、部屋が狭いのはツライところ。今のところは、家賃の安い街から通いつめるのが一番なのかも。

いつかスゲー儲けてリッチマンになったら、アキバの夜景がきれいに見える高層マンションに住みたいと思います! 本当にリッチになれるかどうかは別にして。 再開発によって
ビジネスの街としての側面を持つことになった秋葉原は
住むにはちょっとハードル(家賃)の高い街ではありますが、
それでもやはり、オタクを自負する自分としては
住めるようなら住んでみたいと思ってしまう街です。
(部屋の窓からネオンが輝くアキバの夜景を眺めたい)

さて、秋葉原の街やお店、
ゲーム・マンガ・アニメなどのアキバカルチャーに、
「これってなに?」、「どういうことなの」
というギモンなどはないでしょうか?

もしそんなギモンがあったら、
どんどんお便りくださいね!

ワタクシ堅田が取材・調査して、
皆様のフシギ・ギモンを解決いたしますよ!

その他にも、あなたのアキバ巡回コースや、
オススメのスポットなども教えていただけるとうれしいです!
それをもとにしてレポートを作ったりしちゃうかもしれません。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト