40年以上続く人気SFシリーズ

どんな設定? 初心者でもわかる『スター・トレック』入門講座

2009.05.28 THU

5月29日から、あのSF超大作『スター・トレック』が劇場公開される。といっても、「『スター・ウォーズ』は観たことがあっても、『スター・トレック』って観たことがないんだよな~」という読者も多いのでは!? かくいう筆者もその1人。しかし、アメリカでは40年以上続く人気シリーズだけに、食わず嫌いはもったいない。そこで、『最新版 スター・トレック ビギンズ』(洋泉社)の編著者である岸川 靖さんに初心者向けの解説をお願いした。まずは単純な疑問から。『スター・トレック』はどんな設定の物語なんですか?

「23世紀、地球は惑星連邦(UFP)という組織に加盟しており、主人公たちはその傘下にあたる宇宙艦隊の所属。彼らは宇宙船に乗り、さまざまな文化・文明をもつ惑星との外交や未知の宇宙探査を行うわけです」

なるほど、要するに彼らは宇宙の外交使節団というわけですね! 当然、そこで悪い異星人との戦いが待ち受けていると。

「いえ、『スター・トレック』は敵対する相手の立場をきちんと描き、武力以外の問題解決を模索します。その結果、交渉が決裂して戦闘になる場合もありますが、話し合いで回避されることも多いんです」

SF映画には戦闘シーンが欠かせないものとばかり思っていましたが、対話の部分に焦点を当てているなんて興味深いですね。

「『スター・トレック』の特徴は異なる文化や文明、宗教、人種が相互理解を深める姿を描いていること。これはオリジナル版の放送当時(1966~1969年)の黒人差別問題やベトナム戦争が背景にあります。そうした時期に、異星人への差別を黒人の差別問題のメタファーとして扱い、反戦をテーマにしたエピソードで問題提起をした。このことで多くの人から支持を得ました」

最後に、岸川さんにどの作品がオススメかを聞いたところ、「新劇場版は第1作よりも前の時代を扱っているので、初心者でも事前知識なしで楽しめる」とのこと。映画館で楽しんだら、下表を参考にして歴代作品もチェック!


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト