私が惹かれてしまう人はおじいさん世代50代、60代の男性は色気があるじゃないですか

渋谷飛鳥

2009.06.18 THU

今週の彼女

1988年7月13日新潟県新潟市生まれ。O型。美少女クラブ31のリーダーを務める一方で、バラエティ、ドラマ、映画など女優として活躍中。『ハンチョウ』(TBS月曜20時)のほか、7月1日からは『橋田壽賀子ドラマ となりの芝生』(TBS水曜21時)が放送スタート。
全日本国民的美少女コンテストのグランプリ受賞が7年前。いまやビールもイケちゃうハタチになった渋谷飛鳥ちゃん。現在TBSドラマ『ハンチョウ~神南署安積班~』で、主人公を演じる佐々木蔵之介の娘として出演中です。

─ ビールはNGですがご注文は?

「(スタッフ全員アイスコーヒーなので)打ち破ろうかなオレンジジュース」

─ みんなと一緒はヤダ?

「そうなんですよ。昔食品のミニチュアサンプルを自作するのが好きだったんですけど、最近あまりに流行ってきたので、やめちゃいました(笑)」

─ 流行りにのっかりたくない?

「いえ、例えば流行ってる洋服を取り入れるのはいいんです。でも自分が見つけて、好きで着てた洋服が後から流行っちゃうと、もう着れないんです」

─ それはマーケティング用語でいう「イノベーター(革新者)」じゃないですか。ブームを作るという。今は何がお好き?

「うちのおじいちゃんに勧められた水墨画に興味があります。道具をそろえるのが大変そうですけど」

─ 渋い。じゃあ、好きな男性もみんなと一緒じゃない感じ?

「私カッコいい人がわかんなくて。私が惹かれてしまう人は、もっとすごい年配だったりします。もうおじいちゃん世代」

─ ええー! 枯れ専?

「恋愛対象じゃなくても、50代60代の男性は色気があるじゃないですか」

─ じゃあ、ぼくらなんかお子ちゃま?

「いえ、恋愛するんだったらR25世代は全然アリです。普段から『付き合うなら8コから10コ上』って公言してますから」

池永一之=撮影photography KAZUYUKI IKENAGA / 熊山 准=取材・文text JUN KUMAYAMA

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト