魅せ腕時計のイロハ

第1回 オトコの腕時計事情って?

2009.07.02 THU

魅せ腕時計のイロハ

理想と現実にギャップ!? オトコの腕時計事情とは?



今回、25~34歳のビジネスマンに腕時計に関するアンケート調査を実施。日々、己のタイムマネジメント能力を問われるビジネスマンなら、時計とにらめっこしつつ(分刻みで)時間に追われて仕事をしているはず。そんな彼らに日常生活で時刻を確認するために最もよく使う手段を聞いてみたところ、
1位.腕時計:62% 2位.ケータイ:33% 3位.オフィスのPC:3% その他.2%

と、腕時計派が実に6割以上という結果に。ケータイ派もかなり伸びているかと思いきや、まだまだ主流は腕時計のよう。それどころか、「ケータイがあれば、腕時計はいらないと思う?」の質問には、なんと86%が「NO!」の答え。意外な感じもするが、ビジネスマンにとって、腕時計はスーツやネクタイ、靴なんかと同様に、身だしなみの基本として考えられているってことなのかもしれない。

実際、身だしなみについて特に気を配っているポイントを問う質問の結果は、
1位.服装:65% 2位.腕時計:57% 3位.靴:48% (複数回答)

と、腕時計が服装に次いで2位にランクイン。

さらに、他人の身なりで目が行きやすいポイントも、
1位.服装:79% 2位.髪型:49% 3位.腕時計:40% (複数回答)

と、やはり腕時計が上位に顔を出している。

どうやら、ビジネスシーンにおける腕時計は、身だしなみの基本どころか、「人に見せる」「人に見られる」ことを前提にしたアイテムとして、強く認識されているらしい。

同じアンケートで、欲しい腕時計について聞いたところ、「ステータスのある高級腕時計」を挙げる人がダントツだったことからも、やはりオトコの腕時計は、単に時間を確認するためのアイテムではなく、自分をアピールするためのアイテムとして重視されていることがよくわかる。腕時計、侮りがたし!

しかしながら、ここで現実の壁。以下の結果をご覧あれ。
気になる所有腕時計の価格帯。3万円未満がダントツでありながら、50万円以上の高級腕時計を持っている人も。
持っている腕時計の数は?
1位.1本:33% 2位.2本:24% 3位.4本以上 17% (単数回答)  

持っている腕時計の金額は?(※複数持っている場合は、その中で最も数が多い価格帯)
1位.3万円未満:33% 2位.3万円以上5万円未満:24% 3位.30万円以上:11% (単数回答)

まとめると「腕時計は自分自身を魅せるための重要なアイテムなので、一目置かれるような高級腕時計が欲しい」と誰もが思いつつも、実際には「腕時計だけにそこまでお金はかけられないし…」と、それよりもかなり安価な腕時計1~2本で我慢している半数以上の人と、「ステータスのために…」と、がんばって30万円以上の高級腕時計をする一部の人の二極化傾向にあることがわかった。

もちろん、べらぼうに高い高級品でなくても、満足のいく「よい」時計はきっとあるはず。他人の目にもさらされる自己アピール・アイテムだからこそ、その選び方のポイントを一度きちんと考えてみた方がいいのかも…。みなさんは、腕時計をどんな基準で選びますか?

一点豪華主義はNG!腕時計にも厳しい女子目線…



腕時計に関する男性の意識調査からは、ビジネスシーンにおいて腕時計は必須、他人からの注目度も高く、「自分をより良く魅せる」アイテムとして、実用性以上の価値を置いていることがわかった。しかし、一方では安価な腕時計を1~2本持っているだけ、という人が半数以上という結果も…。では、逆に男性の腕時計について女の子たちはどう思っているのだろう? 25~34歳の女子にアンケート調査を実施してみた。

男性を見るとき、カラダのどの部分に目が行きますか?
1位.顔:72% 2位:手元:70% 3位:髪:39% (複数回答)

おおっとこれは意外な結果が! なんと「手元」は「顔」と同じくらい見られている。そういえば、女の子から「爪が伸びている人は不潔…」みたいな話もよく聞くような…。ということは、腕時計を見られる頻度もそれだけ高いってこと?

ちなみに、オトコの腕時計についてのNGコメントを女の子に聞いてみたところ、「スーツにカジュアルな時計やデジタル時計をつけているのはダメ」「いつも同じ時計をつけているのはちょっと…」「明らかに安物とわかるのはダメ」と、かなり手厳しい…。うーん、よく見ているんだなぁ。

さらに、男性のセンスを判断するポイントについて聞いてみたところ、
1位.服装:80% 2位.髪型:73% 3位.腕時計:60% (複数回答)
欲しい腕時計のタイプ(女性には「男性にしてほしい腕時計のタイプ」)を聞いたところ、男女ともに人気が高かったのはクロノグラフ。オトコにはメカニックな雰囲気が、女の子には男らしさを感じさせる点が評価された
と、どれも注目度が高い。どうやら彼女たち、オトコのセンスの良し悪しは、トータルバランスを見てジャッジしているようなのだ。「腕時計だけは高くてもこ だわりの逸品を!残りはそれなりに…」なんて「一点豪華主義」は、女の子には理解してもらえないのだろうか? …なんて悩みつつ、「オトコにしてほしい腕 時計」について寄せられた女の子たちのコメントに目を通してみると、「男らしいもの」や「スーツに合いそうなもの」との意見が多数。あくまでもオトコとし てのイメージや、トータルバランスで見た際のセンスの方が大切ということのようだ。だからこそ、「身の丈に合わない高級時計をしているのはかっこわるい」 なんて意見も散見されるのだろう。

とはいえ、女子たちがオトコの腕時計をチェックしているのは事実。「身の丈に合わない高級品」でも、「明らかにわかる安物」でもない、センスのよい1本を持っておきたいところです。 オトコにとって腕時計は、身だしなみのキホンであり、自分を“魅せる”アイテムとしてとらえられていること、
また女性にとっては、男性のセンスのジャッジポイントになっていることがわかりました。

男女で評価の基準はビミョーに異なれど、腕時計が常に「見せる・見られるアイテム」である、という点においては男女共通。なんとかして、自分に似合う1本を見つけたいものです。みなさんは腕時計に対して、どんなこだわりをお持ちですか?

今後の調査の参考に、腕時計に関する皆さんの疑問や意見を聞かせてください。お待ちしています!

関連キーワード

ブレイクフォト